アニメ業界の体質
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメ業界の体質

2016-12-22 18:48
    前回の続き。

    <PS4>5000万台突破 発売から3年、PS史上最速のハイペース

    http://mantan-web.jp/2016/12/07/20161207dog00m200061000c.html

    勿論人工知能や集合知、趣味の多様化とやらによって、コンテンツの価値が全体的に下がっていることは否定できない。例えば漫画家は食えなくなっているし、音楽家もネット配信によって危機に瀕しているんだけど。

    でもPS4の販売状況を見ると、それだけでは説明がつかないな。恐らくPS4が海外で売れて日本で売れていないのは、正に制作力に日本と海外との実力差があるからだろう。つまり海外はPS4という高性能の技術を扱うだけの人材が豊富にいるから、大作ソフトを世に送り出せている一方、日本ではそれを扱うだけの人材がいないので、ソフトを作ると赤字が出たり、バグの嵐になる。

    だから日本では採算を合わせるために媒体をブラウザゲーやスマホゲー、3DSへと格下げしていると考えられる。

    TVアニメ『6HP』後半は村上隆の謝罪 線画状態で12月30日に放送

    http://kai-you.net/article/36689

    間に合わないということは人が足りていないということだろう。
    だからその状態を解決したければ、単純に値上げすればいい。たとえば絵1枚200円のところを400円にすれば、高給に釣られて人がやってくる。

    でもなぜそれが出来ないかといえば採算割れするからだろう。つまり費用をかけてもその分のリターンが得られないから、人増やさずに突っ走ろうとなる。そると結局完成しなくなるので、後でこんな謝罪の動画や、総集編が作られることになる。

    だけど赤字を増やしたくないからといって人を増やさないと突っ走ってみたところで、結局作品が完成しないことによって赤字が出るんだよね。だから根本的な問題として経営者の認識が甘いし、業界全体に無責任体質、問題の先送り体質が蔓延してるんだろう。きっと後は野となれ山となれで、後から責任追及されても逃げられてると思ってるし、周りの人に迷惑をかけてもいいやとどこかで思ってるに違いないよね。

    アニメ業界はもう限界? 山本寛が語る「アニメーターが食べられない理由」

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw2536590?news_ref=newsearch

    この話読んでても、業界のいい加減さがわかるもんね。ヤマカンさんが

    山本:
     でも、作れないです。ファンタジアの場合は、ぶっちゃけ言いますよ。アコギな事ができなかったんですよ。受けるだけ受けて、あとはなんとかすればいいやみたいな。溶けてもいいし、落としてもいいし、とりあえず受けちゃえ! よし、2億もらった! あとはお前らでなんとかしろ! っていうのが、今、横行しているんです。

    って言ってるけど、これが業界のスタンダードなんだから。どれだけいい加減な世界かわかるでしょ。はっきり言ってマトモじゃないよ。

    この点アニメ業界は今後どうなるだろう。前述したようにコンテンツや経営者の能力が低いと赤字になる世界なので、今後は「君の名は」みたいに、長編の大作ものに絞ってくるだろうか。声優さんはどうだろう。現状ではナレーターや洋画吹替え>アニメ声優みたいな力関係だけど、今後はナレーターや洋画吹替え>ゲーム声優>アニメ声優 みたいになるんだろうか。「ギャラ安くて話にならないので、もうアニメ声優はやりません」って人が出てくるだろうな。

    クラウドファンディングは疲弊するアニメ業界を救うウルトラCになるのか?

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw2544904?news_ref=nicotop_topics_soft

    クラウドファウンディングでアニメが救われるってことはあるんだろうか。
    普通に考えると制作側は利益を最大化しようと思って、テレビや一般の流通網を使っているわけだよね。よく「アニメ業界では電通の中抜きが酷くて・・・」とか言われるけれど、でも彼らからすれば中抜きされても一番儲かる手段がテレビだと思ってるから、テレビを使っている。

    そして流通網も同様で、一番儲かると思っているからアニメイトやとらのあなに商品を卸しているわけなので。だからクラウドファウンディングで儲かるぐらいなら既にやってるよというのが実際のところなんだろうね、きっと。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。