ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

複利のチカラ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

複利のチカラ

2017-01-11 16:03
    それでは最近のFXの結果を発表します。
    1か月前からに40pips、5pips、70pipsという運用成績を残してきたわけですが、先週は110pips、そして今週は今までで-65pipsという結果になっております。

    正直言ってこの結果は悔しいですね。
    というのもそろそろ安定した運用に目途がついたと思っていた矢先だったので。
    大きなマイナスを出すこと自体が信じられないし、何故上手くいかないんだという気持ちが沸き上がってくる。

    もっとも今の段階で問題点が把握できたというのは、前向きになれる材料ではありますね。
    それこそ大量資金投入後に大損失を出したのでは目も当てられないですし、客観的に自分を分析してみると、今はステップアップしている段階なのかなとも思える。

    つまり普通にやるのであればある程度の利益は出せるけれども、もっと利益を出せるようになるために、色々トライして、その過程で損を出しているという感じ。変な話ですけどわざと負けて、経験を色々積んでいる感じがします。

    きっと苦しみの後には眩いばかりの光明が差すものと信じてこれからも頑張って行きます。さて前置きはこのぐらいにして、今回はそのFXにおける運用について、思いついたことがあったので書いていこうか。まず最初に、よく一般的にFXにおいては「1日20pipsを目指せ!」なんて言われているよね。

    pips とは何ですか?

    https://faq.rakuten-sec.co.jp/faq_detail.html?id=2632029

    ここでpipsとは為替の最小単位のことだね。URLの説明にもあるように、ドル円では1pipsは1銭、0,5pipsは0.5銭に該当する。なので1日20pipsとるということは、20銭分儲けるということだ。

    そして全体の運用資産に対しての割合という観点で考えた場合、1pipsは0.2%に、5pipsは1%に該当する。なので20pips取るということは投入資金の4%の利益を出すということだ。

    【FX初心者向け解説】1日平均20pips獲れれば、億万長者になれる

    http://mjdsk.jp/962

    よって1日20pipsの利益を上げていくと、手持ちの資金は1日ごとに1.04倍、取り引き日数が1か月21日とした場合2.3倍ぐらいになっていくので、手持ちの5万円は10か月後には1億円に、1年後には5億円になる。

    ところでURLに書かれた記事は、少々おかしいところがある。まず1つは1万単位以下を切り捨てているということだ。つまり投資というのは1万円2万円という風にキリの良い数字で上がっていくのではなくて、1万400円、1万816円というように、細かい数字を積み上げながら増えていくものだろう。

    でもさっきの記事では1枚(50000円相当)以下の利益が出ても、投資の元本に組み入れられないことになっている。だから特に1か月目などでは5万円から2000円の利益をあげて、それが10万円になるまで身動きが取れなくなっている。よって少々効率が悪い。

    そうしてもう1つのおかしな点は、1日の目標利益という点にとらわれすぎているということだ。つまり記事では1日20pipsの利益を上げてから、それを元本に組み入れ投資に回すということになっている。

    でも別に元本に組み入れるのは、20pips取ってからでもなくても良いわけだ。それこそ5pipsでも良いし、10pipsでも良いわけで、別にある程度溜まってから組み入れる必要はない。

    べき乗

    http://keisan.casio.jp/exec/system/1294758675

    具体的に説明する。まず20pips、つまり4%増えた段階でその利益分を元本に組み入れ新たな投資を開始するという作業を行う場合、取り引き日数が1か月21日であるならば、1か月後には元本は

    1.04の21乗≒2.278倍になる。

    一方5pips、1%ごとに元本に組み入れ新たに投資を開始した場合には、元本への組み入れ作業を1日4回×21日分=84回行うことになるから、元本は1か月後には

    1.01の84乗≒2.306倍になる。

    ここで2.278倍も2.306倍も大したことないと思われるかもしれないけれども、計算すると結構この差が大きいことがわかる。というのも1か月に2.278倍ということは、2か月後には2.278倍の2乗、3か月後に2.278倍の3乗になるということだ。だから両者を比較すると、1年後には

    2.278倍の12乗≒19527倍(20pipsごとに元本に組み入れた場合)
    2.306倍の12乗≒22610倍(5pipsごとに元本に組み入れた場合)

    となり、元手が1万円の場合には3000万の、元手が5万円の場合には何と1億5000万円の差になって表れることになる。だから効率良い運用を目指すためには少しずつ利益が出るたびに、元本に組み入れることが良いということがわかった。

    以上もしかしたら当たり前の話かもしれないけれども、自分にとっては画期的な思いつきだったので、記事にしてみました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。