ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

儲かる投資商品?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

儲かる投資商品?

2017-01-14 10:14
    前回の補足または訂正的な話から。

    そうか、20pipsが何%に当たるのかは、為替レートによるのか。
    つまり1枚は1万ドル分の円貨に4%(レバレッジ25倍なので100÷25=4%)を掛けたもので、それに利回りを掛けたものが20pipsである2000円に相当する。
    つまり1ドル115円なら

    (115円×10000×100分の4)×(利回り率)=2000円なので、

    (利回り率)=2000÷46000
          ≒0.463

    よって20pipsは現在では4.6%になるわけか。

    トランプ相場に一喜一憂しない「金投資法」

    http://toyokeizai.net/articles/-/153309

    ということで補足終わり。
    ちなみに先週は100pips以上負けましたとさ。ちょっと色々考えてしまったね。でも頭を整理できたからもう大丈夫。さて、自分はこうしてFXをやっているわけだけれども、実際儲かる投資商品というのは何だろう。

    この点高い利益を上げられるかは、投資商品の難易度によると考えるべきだろう。つまり一般社会では難しいことをやればカネがもらえ、誰でもできる事には大したカネが発生しないのと同じように、投資商品も扱いやすさや相場の読みやすさによってもらえるリターンが決まっていると考えられる。

    実際ニコニコのFX界隈で、「投資の初心者はFXに行って、中級者は株に行って、上級者は不動産に行く」という話を聞いたのだが、それはそのような事実を裏付けていると考える。つまりFXは基本チャートの上下だけを見ていれば利益を上げられるが、株であればそれに加えて企業の業績や活動を注視しないといけなくなる。そして更に不動産になると地元の経済活動や公共事業の予定なども観察しないといけないといった具合に、投資が難しくなるにつれて判断材料が増えていく。そしてそれに比例してリターンも大きくなるということだ。

    そう考えると多分金投資はリターンが少ない部類に属するんだろうか。やっぱりFXと同様判断材料が単純化されているし、相場の乱高下というのも抑えられているわけだから、安定した収益を目指したい人にはオススメなのかもしれないけれども、利益は薄いはずだ。

    それに自分に言わせると、安定収益が欲しいなんて言ってること自体が間違いだと思ってるんですけどね。やっぱりそういう人はどこかで「投資は面倒臭いものだから、一度エントリーした後で長いこと放っておけるものがいいや」と思ってるに違いないんだけど、でもそういう風に考えているぐらいなら、初めから投資なんて止めたら良いんではないかと。

    だってカネを儲けたい儲けたいって言ってる割には、カネを大事にしてないもんね。ほんとに儲けたいなら本来は1日中相場に張り付いておくべきであって、放っておいて遊びに行ってしまうのは、正しい態度ではないでしょう。きっとそういう人たちはきっと投資には向いてないし、カネを稼ぐ資格すらないんだと思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。