音楽発注者の能力、楽曲制作者の能力
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

音楽発注者の能力、楽曲制作者の能力

2017-07-22 21:44
    天月くんの例を出したから言うというわけでもないんだけどさ。



    この天月くんの曲だけど、聞いてすぐおかしいと思わないかな? 出だしから音程がズレているし、曲にも合っているとも思えない。

    思うに天月くんはロックであるとか、テンポの速い曲には向いていないよね。彼は歌ってみた聞くとわかるけど、何を聞いても口を大きく開けて、一語一語はっきり歌うような歌い方をする。

    だからロックになると曲のカッコ良さを消してしまうし、テンポが速いと曲についていけないので音程がズレてしまう。でも曲を作った側はそれが理解できていないものだから、結果として天月くんの苦手なところに、単純に突っ込んでいくような曲になっているんだ。

    ツナゲル / 天月-あまつき- 【オリジナル】

    https://www.youtube.com/watch?v=LgDHZoczBGo

    普通、曲を作る際にはボーカルを欠点を隠すように、それでいて長所がより活かせるような書き方をしないといけないんじゃないのかな。例えば男っぽいボーカルなら男らしい曲を作って、可愛い声の子ならば可愛い曲を書く。そうすることでボーカルと曲とがマッチして、完成度の高い作品が出来上がる。

    このハヤシケイくんが書いた作品だけど、これは正にボーカルと曲がマッチしているよね。こんな風にテンポを落として、少し爽やかで前向きな感じにすれば、天月くんの声質やはっきりとした歌い方にも良く合う。きっとこの辺のことは、楽曲を依頼した側もハヤシケイくんもよくわかっているんだよね。



    この曲なんかも、そのボーカルの性質を理解している様子が窺えるよね。
    多分制作者側は、天月くんと奥華子さんの歌い方が似ていると思ったんだろうね。彼女もはっきりした歌い方をしているし、速い曲も苦手そうだ。

    だからそういう共通点のある人に依頼すれば声に合うものを作ってくれるだろうと期待して、制作者側は楽曲を依頼しているんだよ。別に何も考えずにネームバリューだけで依頼してるんじゃないんだ。



    Stars on Planet

    http://stars-on-planet.com/

    でも彼らはそれを理解している様子が全くなかったな。この曲もそらる用にしてはちょっとテンポが速い。宇宙的な曲は声質的には合っているけど、もう少しゆっくりとぼんやりと書くべきだった。

    ちなみに一般的にこういうのって、音楽業界的にはどっちの責任とされているんですかね。
    つまり楽曲を依頼する側が悪いのか、依頼されて曲を作った側が悪いのか。確かに曲作った側にも責任の一端はあるんだろうけど、一番罪が重いのはきっと依頼した側だろうな。音楽依頼する側が音楽理解してないってのは致命的だもんね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。