AKBのサポートライン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AKBのサポートライン

2017-08-08 05:55
    ちょっと株やFXの話をしようか。


    チャートでサポートラインってあるよね。つまり価格が下がった時に、大きな買い支えようとする力が働く地点のことだ。例えばX軸に時間をとり、Y軸に価格を取ったとして、価格がこのような動きを辿っていたとする。

    この時水色の価格Aのラインに来た時に、反発して値が上がっているよね。つまりこのチャートのサポートライン(下値抵抗線)は価格Aということになる。そしてこの価格Aを買い側が支えきれなくなったときに、一気にズドーンと価格が下へと突き抜けていく。ちょっと見にくいかもしれないけれど、赤い線がそうだ。


    指原感動!初プロデュースの「=LOVE(イコールラブ)」初ライブ

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170805-OHT1T50239.html

    “最強神7”結成も!秋元康氏、テレ朝とタッグで「ラストアイドル」募集

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170708/geo17070805020011-n1.html

    んで、AKBの話をする。上のような話を前提にして考えると、AKBのサポートラインはCD100万枚にあると考えられる。つまり運営もプロデューサー、そして一般ファンもそうだろうけど、CDの売り上げ100万枚を下回ってしまうと、「AKBは終わった」と強く認識されて、人気が急降下してしまうと思っている。

    だから人気に陰りが出始めると、新たな燃料を注入して人気を上げようとする。具体的には新しいグループを作るということだろう。AKBが出来、SKEやNMB、HKTが出来て、NGTやSTUが出来て行ったように、人気が落ち始めると新しいグループを作って話題を作る。そしてそのグループの新規メンバーをAKBに合流させて、人気の浮揚を図っていく。

    恐らく言明こそされていないが、このラストアイドルや=LOVEも、AKBの人気浮揚策の一環なんだろう。つまりこの企画やグループで見込みがありそうなのがいたら、AKBに合流させて歌ったり踊ったりさせる。「坂道AKB」みたいにね。そのために新しくグループをプロデュースしていると考えられる。

    【MV full】シュートサイン / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=sIgawh0g-PI

    【MV full】願いごとの持ち腐れ / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=_pjovDamGHI

    しかしこの方法はいつまでも使えるというわけではない。というのも人気に陰りが出たから新しいグループを作って、また人気が落ちたから新しいグループを作ってとやっていると、所属するアイドルの数が膨大になってしまう。

    実際AKBグループは今や300人を超える大所帯になっているし、最近の動向を見ても、CD選抜のメンバーは作品を追うごとに増えている。それこそ全盛期はメンバー16人ぐらいで売上100万枚とか200万枚を達成していたわけだけれども、今はシュートサインが選抜32人+坂道AKB、願いごとの持ち腐れが35人と、以前の倍以上に膨らんでいる。

    そうするとCDを売るために必要な経費が膨らんでいつかは採算ラインを割ってしまうようになる。その結果ビジネスモデルが破たんすることになる。

    レベルに達していないと出演させず AKBが劇場公演重視に“原点回帰”

    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/715647/

    だから結局のところ、メンバーを増やすことでは根本的な解決にはならないということだ。
    本当にAKBの人気を維持向上させるためには、そこに所属する人間が能力を高めなければならない。経営母体、プロデューサー、アイドル……、アイドルやそれらを雇い運営している人間たちが、自身と向き合って日々能力を向上させることで、本当の人気や安定的な経営を勝ち取ることができる。人気が落ちたからメンバーを増やせばいいというのはただの甘えであり幻想だ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。