スターは人に教えるもの
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スターは人に教えるもの

2017-10-25 15:59
    前回の続き。

    前回自転車保険の話をしたけれど、ちょっと説明が正しくなかったのかな。


    つまり「保険が機能するためには加入者のリスクや能力を揃えないといけない」と書いたけど、どのような保険を選択するかの自由があれば、自分で自由に商品を選ぶから、リスクや能力は勝手に揃うんだな。例えば事故を起こさないAさんは掛け金が安い保険に入るし、Bさんはリスクが高いので掛け金が高いのに入る。だからリスクの低いAさんと高いBさんが一緒になることはない。

    でも選択の自由がないと、AさんとBさんが混ざってしまうんだね。例えば市場に1000円の保険しかないと、Bさんは1000円の保険に入れるのに対し、500円の保険に入りたかったAさんは嫌でも1000円の保険に入らないといけなくなるので、結果としてAさんは1000-500=500円損をする。結果加入者間で不公平が生まれる。

    だから保険に限らず、助け合いというものは人には強制してはいけないということだね。



    また難しい話になってしまったな。ということで話を前回の話に戻す。説明したように、助け合いは同じ能力の者同士ではないと成立しないので、能力の違う人間が同じグループにいると、チームワークが成り立たなくなる。勿論不満を持っている人間はチームから出ていくことになるので、そうなれば最終的にはチームはまとまるのかもしれないけれども、それでもそういう事態はなるべく避けたいのが本音だろう。

    ではどうすれば能力の違う者達はまとまることが出来るだろう。

    指原莉乃

    http://www.hkt48.jp/profile/22

    この点解決方法としては、優秀なメンバーがその他のメンバーに教えてあげることだ。つまり能力が違う者同士が同居するから仲違いが起きるというのであれば、能力的に優れたメンバーが自分の持っているノウハウを教えて、自分と同じレベルまで引き上げてやれば良い。そうすれば能力差が縮まるのでチームとしてまとまることになる。

    アイドルで言えば指原がその例か。色々とアイドルとしての振る舞い方立ち回り方を教えることによってメンバーの実力が上がっていって、チームとしての一体感が生まれた。サッカーだとジーコなんかがいい例かな。彼は鹿島アントラーズに来てから、選手に対して練習のみならず、生活面での指導までしたって言うんだよね。やっぱり大変だけど、そこまでしないとダメなんだろうな。

    松井珠理奈

    http://www.ske48.co.jp/profile/?id=matsui_jurina

    平手友梨奈

    http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/artist/17

    あるいは直接指導せずとも、背中を見せるだけでもいいだろうね。物凄く頑張ってるところを見せつけて、他のメンバー達に「あの子があんなに頑張ってるんだから、私達も頑張らないと」って思わせる。そうすることで他のメンバーの実力が上がっていくから、結果としてチームの意識が一つにまとまっていく。珠理奈ちゃんやてちがそういうタイプかな。

    だからスターというのは人に教えないといけないんだね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。