アイドル偏差値の低下(第3回AKBドラフト会議より)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイドル偏差値の低下(第3回AKBドラフト会議より)

2018-01-24 05:51
    前回の続き。


    今回のドラフト会議はやっぱり全体的にレベルが低かったかな。
    つまりオーディションというものは、合格者が多ければ多いほど、レベルが低くなるんだな。
    これは受験で例えるとわかりやすいか。ある大学の入学志望者の学力が上図のようにピラミッド型になっているとして、試験によって入学者を選抜するとする。

    この時テストの合格ラインを高ければ高くするほど、入学者の数が高くなるのはわかるよね。例えば合格ラインを90点にすれば合格者は10人だけど、80点にすると30人、70点にすると50人、60点にすると100人……、という具合に合格ラインを下げれば下げる程合格者は増えていく。

    そして一般的に合格ラインが低い学校というのは、優秀な学生が来ないわけだから、合格者が多い大学やオーディションというのは、総じて入学者のレベルは低くなる。今回のオーディションも言ってみればそんな感じだったんだろう。色々見ていたけど、視線や態度から強い意志を感じるような子は少なかったかな。オーラがなかった。

    「第3回AKB48グループドラフト会議」候補者 66番 矢作萌夏 ラストアピール / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=QgM2SDdrM5Q

    だから矢作萌夏ちゃんは、そのAKBの偏差値の低さについて行かれるかがちょっと心配だな。
    やっぱり実力と違いすぎる組織に行くと、色々とストレスが溜まってしまうね。学校で考えるとわかると思うけど、レベルが低い学校に天才が行くと、授業が簡単すぎてつまらないとか、あるいはやっかみの対象になったりイジメの対象になったりして大変でしょ。それと一緒でAKBという組織に入ることが、将来彼女にとって物凄く負担になってしまわないかと心配になってしまうね。

    「第3回AKB48グループドラフト会議」候補者 29番 佐藤詩識 ラストアピール / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=-qLRJs63nnw

    佐藤詩識ちゃんも同じような理由で
    心配かな。
    この動画見てても凄い実力なのがわかるもんね。一見すると単にバレエでクルクル踊ってるだけに見えるけど、この踊る前の手の使い方が素晴らしいね。自然なのか計算しているのかはわからないけれど、可愛く見えるような仕草になっている。並大抵の実力ではないだけに今後がちょっと心配。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。