こだわりのなさの遠回り
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

こだわりのなさの遠回り

2018-03-27 04:51
    前回の続き。
    
    助けてくれたインド人にお礼を言ったら憮然とされた理由

    http://bunshun.jp/articles/-/6519

    とりあえず川で溺れている人を見かけたら、浮き輪を投げてみたらいいんじゃないですかね。
    浮き輪が空気が抜けているかもしれないし、投げても届かないかもしれない。でも手に人を助けられるが道具あって、それを使える状況にあるのであれば、イチかバチかで投げてみてたらいいんじゃないですかね。皆さん自分が見ている目の前で人が死ぬのは嫌でしょう。だから取返しがつかなくなる前に、人として残っている良心や勇気のかけらを言葉にして、困っている人に対してかけてあげたらいいんです。

    自分はいつも記事を書く時には、そういうことを考えながらいつもやっていますね。勿論やって良いことばかりではないですよ。記事書いてても誰も感謝の言葉は口にしないし、1円ももらえません。しかも自分が話しかけても、平気で「アンタ誰ですか?」って言ってきますしね。自分はAKBの運営に何回かメールしたことがありますけど、今まで一度たりとも返事が返ってきたことはないです。

    とこのように人として常識的な対応すら出来ない人間ばかりなので、正直腹も立ったんですけど、それでも救われる命の重みを考えたらやっぱり記事を書く手を止めるわけにもいかないんですよね。きっと自分の書き込みを見て皆さんはいつも「お前は非常識な人間だ」「余計なことを書くな」とか言ってるでしょうけど、自分は皆さんが思う以上に強い信念と、利他的な意識をもってやっているつもりです。もし反論がありましたらどうぞ。
    
    つんく♂、伸びるアイドルは「こだわりのない子」 生き様が「ファンの心をつかむ」

    https://www.oricon.co.jp/news/2108198/full/

    やっぱりAKBの子達って、そんな溺れている人達の集まりなのかなって思いますね。
    だってアイドルにプロレスやらせちゃうんですかね。普通に考えてプロレスなんてアイドルヲタの需要はないと思うし、何よりプロレスやらせるために鍛えさせたら体がゴツくなるでしょう。きっと可愛くもなくなる。

    だから余りメリットはないと思うんですけど、でもアイドル達も運営達も溺れてしまっているものだから、正に藁をも掴む思いでプロレスやろうとなってしまうんじゃないか。確かにつんくさんの言う「こだわりのなさ」というのは大事だとは思うんですけど、それでもその「こだわりのなさ」が故に間違った道に進んでしまうようであれば、ちょっと心配にはなりますね。

    古畑奈和

    http://www.ske48.co.jp/profile/?id=furuhata_nao

    ちゃんねる宮脇咲良

    https://www.youtube.com/channel/UC9Z0cgZPBa2szfJcrJdfYvA

    例えるなら道が10ぐらいに分かれていて、そのうちの1つが正解であるという場合に、「私は体力があって何でもできるから、片っ端から全部調べて行くか
    」みたいな感じなんですかね。物事をきちんと見られる子なら正解を3つぐらいに絞れるんですけど、やる気やこだわりのなさだけはあるものだから、無駄な遠回りをしてしまっている。

    自分は古畑奈和ちゃんとか宮脇咲良から、それを強く感じますけどね。両方とも焦りがあるのかな。奈和ちゃんは1月ぐらいに総選挙が近づいてきて怖いです選抜から外れるのが怖いですってブログか何かに書いてあったし、咲良は指原票があれば私は1位になれるんだみたいなことを言ってみたりで、思うように行かない心の焦りのようなものが、2人を迷走させているような気がします。

    特に奈和ちゃんはサックスやってゼロポジで歌をやって、プロレスもやってお風呂にも入
    ってるからね。見てて可哀想にもなるけれども、でももしかするとこれがつんくさんの言う「生き様」なのかな。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。