音楽の才能判別テスト その2!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

音楽の才能判別テスト その2!

2018-07-28 02:13
    前回の続き。

    何を書こうかと暫く迷っていたんだけど、折角欅の新曲出たことだし、センチメンタルトレインでやった時みたいな、才能判別テストをやろうか。

    と言っても今回は解答はすぐに出すからね。なので自分が問題を出して解けたと思ったら各自で下へスクロールして、答え合わせをしてみてほしい。ちなみに出す問題は2問だ。ではまず第1問目。

    「回遊魚のキャパシティ」/ SKE48 チームKll 7th「最終ベルが鳴る」公演(2018.6.30 初日映像)

    https://www.youtube.com/watch?v=SdZJ5NY_0qU

    これはSKEのチームK2の公演を動画にしたもので、歌っているのは「回遊魚のキャパシティ」という曲だ。

    だがこの動画、よく見てみると音楽的に一つ大きく誤りがあるのがわかる。ではそれはどこか、考えてみてほしい。ちなみにこれは歌詞を出さずとも動画だけ見ればわかる問題だ。



    北の~酒場通りには~♪ 長い~舞のチ〇ポが似合う~♪

    ということで次は2問目。この動画はそのチ〇ポのついたメイリアさんが所属する、GARNiDELiAの新曲だけれども、実はこの曲も1問目同様音楽的におかしな箇所がある。



    ではそれはどこか。ちなみに今回は歌詞を挙げておこうか。すなわち曲を聞きながら歌詞を追っていくと、おかしな所に気が付くというのが問題の趣旨になっている。ちなみに制限時間は1問目は10分、2問目は20分で、両方答えられて初段ぐらいかな。ちょっと甘めだけどね。

    それでは試験開始。


















    「回遊魚のキャパシティ」/ SKE48 チームKll 7th「最終ベルが鳴る」公演(2018.6.30 初日映像)

    https://www.youtube.com/watch?v=SdZJ5NY_0qU

    ということで時間になったので解答編。まず問1について。動画ではK2の子達16人で歌っているわけだけれども、でもこの曲の感じからするとこれはそんな大勢で歌う曲ではなくて、メンバーが1人で歌う曲だということがわかるだろうか。つまり「ソロ曲をグループで歌っている(のがおかしい)」が正解だ

    LinQ / 負けないぞ MUSIC VIDEO(ショートver.)

    https://www.youtube.com/watch?v=B_ZYyKtDvLs

    回遊魚のキャパシティは声質的に考えると古畑奈和ちゃんが1人で歌えば十分だね。そしてアンダーで内山命かな。他の子は声や曲のイメージに合っていないので歌わない方がいい。

    この「ソロ曲かグループ曲か」という見極め方法としては、歌ってる人を思い浮かべることかな。つまり曲を聞いてみて「ソロアーティストの誰々が歌ってそうだな」と思ったらソロ用の曲。そしてそれが思い浮かべられなければグループ曲。このLINQの曲なんかも雰囲気的にはソロ用な感じだね。アコギとかを使っているとソロ曲の可能性が高くなるかな。



    ということで第1問の説明終わり。次に第2問だけれども、これはサビの「アブラカダブラ」という歌詞の繰り返しがおかしいというのが正解だ。







    これはSKE48の「いきなりパンチライン」でも説明したことだけれども、同じ歌詞を繰り返す部分というものは、単調で抑揚のないメロディーになっていることが普通だ。しかしアブラカダブラもいきなりパンチラインも、そのようなメロディーでないにも関わらず、同じ歌詞を繰り返し用いているため聞いていて違和感がある。

    【MV full】Teacher Teacher / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=7DwAwNNHaW8

    まあこの辺は実例を挙げるとわかりやすいか。まずはAKBの「Teacher Teacher」がそうだな。サビの単調なメロディーに「Teacher Teacher なぜ逃げ腰で~♪ Teacher Teacher 微笑むのかしら~?♪」という歌詞が載っている。

    BOØWY「MARIONETTE」~ 『BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-』より


    https://www.youtube.com/watch?v=8GKnkRVUjKk

    次にBOØWYの有名なこの曲も、サビが歌詞の繰り返しを要求するメロディになっているね。つまり「鏡の中のマリオネット もつれた糸を絶ち切って~♪ 鏡の中のマリオネット 気分のままに踊りな~♪」と続く。

    TM NETWORK / Get Wild(TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-)
    
    https://www.youtube.com/watch?v=LgBxze0ye94

    そしてこのGet Wild も典型的な同じ歌詞の繰り返し曲だね。「Get wild and tough ひとりでは 解けない愛のパズルを抱いて Get wild and tough この街でやさしさに甘えていたくはない」と続く歌詞とメロディーは、古い曲とはいってもみんな聞いたことはあるだろう。だから文字で説明すると一見難しいようには見えるんだけど、それでも自分で頭の中から音楽のデータベースを引っ張り出してくることが出来れば、思っていたよりも簡単な話だということがわかるはずだ。
    
    欅坂46 『アンビバレント』

    https://www.youtube.com/watch?v=aeM6VF2XOn0

    そしてガルニデのアブラカダブラについてもう少し言わせてもらうと、あの曲は宗教的感覚に関して、迂闊だし無頓着過ぎるわな。つまり歌詞見ると「すぐほしくなる」とかカラダ委ねて感じるままとか書いてあるんだけど、イスラム圏と日本とでは言葉や習慣についての価値観が違うわけで、それらが全て好意的に受け取られるとは限らない。

    特に向こうは性的な表現についてはかなり厳しいはずなんでね。それこそ何気なく書いた言葉が思わぬ国際問題や炎上案件に発展するから気を付けないといけないんだけど、あの娘はそれを配慮した様子がない。もうどうしようもないな。少なくとも自分だったらあんな書き方は絶対やらないよ。

    ……ということで問題の説明が一通り終わったけれども、どうだったかな。まあこの辺は感覚的なものだからなかなか伝えることは難しいんだけど、それでも何気なく聞いてる音楽も、実はその裏に色んな情報や秘密が隠れているということがわかってもらえると嬉しいかな。
    今後音楽を聴くときには、「ここがおかしいんじゃないか」とか「この部分が甘いな」といった具合に、評論家的視点で見てみると楽しいかもしれないよ。

    では次回はこの欅坂の新曲の歌詞を書き直してみようか。この曲にはどこかおかしいところがあったかな?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。