K-POP躍進の理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

K-POP躍進の理由

2018-09-14 01:28
    さややが……、さややが……。

    AKBとJKT「交換留学」の狙い

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1122310/

    さややはAKBの中では優等生でしょう。
    何キロあるのかは知らないが、それでも品行方正だし公演の動画見たけどとても表現力があるね。きっとインドネシアに行っても現地の子達の模範になってくれるに違いない。

    でもそんな優秀な子を発展途上国に送り出さないといけないところに、今のAKBの苦境が表されているのかな。通常優れた人や商品っていうのは先進国で売るべきなんだな。つまり付加価値が高いものは高所得の人が多くいる市場でこそ需要があるわけだから。だから途上国や新興国のような所得の低い国で活動するよりは、日本のような先進国で活動した方が成功するし利益も大きくなる。

    タイ首相、AKB48と会談=再選へアピールか

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091300804&g=soc

    でも以前説明したように、アイドルってのは付加価値が低い商品だからね。日本のような先進国よりも、逆にインドネシアのような新興国、途上国に行った方が売れるようになってしまっているんだね。

    しかも国内に目を通してみると、どうやらさややはAKBヲタの好みではないらしく、あまり人気がないばかりか運営側も彼女を持て余している状態だったでしょう。だから今のAKBでは本当に実力がある子が海外に流出してしまい、実力のない子が日本に残り出すという現象が起きてしまっているんだね。要は既に末期的だということだね。

    「PRODUCE 48」出演の竹内美宥、「AKB48」を卒業…韓国活動を開始か

    http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0905/10219840.html

    そうか、だからPRODUCE48というのも上に書いたことのように捉えるべきだったのか。つまり付加価値の低いアイドルというものは、日本よりも後進国の韓国でこそ成功しやすい土壌があると。宮崎美穂ちゃんやこの竹内美宥ちゃん達が現地で人気者になったのも、つまりはそういうことなんだろう。

    そしてそれは言い換えるなら、K-POPやPRODUCE48のやってることというのは、所詮は二流のビジネスだということでもあるんだろうね。まあこう書くと必ず「ウリのK-POPは世界一ニダ!」とか言う人が出て来るわけだけど、でも一般的に考えて一流の音楽やビジネスが後進国に出来るわけがないし、何より日本のアイドルが韓国で成功しちゃうっていうのは、正に一流ではないことの表れだろうからね。だから実は凄いように見えて、大したことがない。

    K-popはいかにして世界制覇を成し遂げたのか?

    http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28889

    自分に言わせれば、K-POPが成功したのは音楽的に優れていたからではなくて、トレーニングのコストが安いからだと思うけどね。つまり先進国では高い授業料を出してやらなければならないことが、韓国では安価でできている。だから市場での優位性を保てているという話なんだと思うんだ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。