プロデューサーの引退
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プロデューサーの引退

2018-09-16 01:04
    前回の続き。
    
    BTS新曲 ラブコール実り秋元康氏とタッグ 11・7発売「Bird」

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/13/kiji/20180913s00041000443000c.html

    韓国側からすれば「ウリの音楽は世界一ニダ!」と言いたいんだろうけどさ。
    でも本当に世界一の音楽をやってる人たちが、秋元康と組むわけがないんだよ。最近見てもわかるように、彼のプロデュースするグループはAKBにせよ坂道にせよ落ち目で、一時代を築いたかつての勢いはない。そんな人間と組んだところで世界一になれるわけがないだろう。

    それに秋元康に鳥の寓話を歌詞にしてくれと依頼したらしいんだけど、普通に考えてそんなこと出来るわけねーだろと。いつも自分が言うように歌詞っていうのは曲から聞こえるテーマをくみ取って書くもので、適当に歌詞を書けば良いってものじゃない。「このテーマで書いてくれ」なんて言うのは何も音楽を知らないし、自分達が一流ではないことを示す何よりの証拠だよ。つまりここから見ても韓国の音楽界は二流以下であるということがわかる。
    
    近田春夫、秋元康&のん参加の38年ぶりソロ・アルバムを10月リリース

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/67771/2

    多分秋元康はもうAKBや坂道のプロデューサーを降りるんだろ?
    韓国グループやこんなアルバムの作詞を引き受けてるところを見る限り、もうプロデューサーとしての終わりが近いんだろう。あとはグループの身の処し方を決めるだけだね。つまり秋元の降板と同時にグループも活動を終えるのか、それとも誰かがグループを引き継ぐのか。

    人の死生観に関わることなのであまり干渉はしたくはないんだけど、それでもグループを信じて頑張ってきた子達の心情を考えるとこのままグループの灯を消すのは気が引けるし、メンバーの子達の能力を見る限り、とても途上国や新興国で留まるような器ではない子達ばっかりだから。出来れば誰かに引き継いではもらいたいんだけど。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。