アーティスト活動の見直し
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アーティスト活動の見直し

2018-09-18 04:17
    前回の続き。
    
    「25年間ありがとうございました」安室奈美恵がコンサート後に感謝のメッセージ

    https://www.j-cast.com/2018/09/17338788.html

    もしかすると安室奈美恵の引退も、前回書いたように捉えるべきかもしれないね。
    つまり歌やダンスというのは余り付加価値は高くないんだな。説明してきたように労働というのは知的労働であるほど価値が高く、反対に肉体労働的であるほど価値が下がるわけだけど、歌やダンスは身体を使う点で肉体労働的だし、一度覚えたことを何回も公演という形で披露すると頭も使わなくなってくるから、労働としての価値は低いに違いない。

    VRでAKB48を体感‼ 劇場公演を最前列センター席からVRで撮ってみた!(チーム8「会いたかった」) / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=H6DD-iYZAkg

    こんなの見ててもそう思うもんね。これ昔覚えた振りつけと歌で、お客さんの前で何年も公演してるんだぜ? きっとメンバーの子達は惰性でやってると思うし、見てるお客さんも飽きてきてもおかしくないと思うわ。カネが取れてるのが不思議なくらいだ。

    なので才能ある人にとっては歌やダンスは割に合わない商売になってるんだと思うよ。だから安室奈美恵が引退するのは、他に儲かる仕事を見つけちゃったってことなのかな。給料で揉めてたこともあったし最早アーティスト活動に固執する必要はないのかもしれないね。

    指原莉乃 右手人さし指を「白い何かを見た!ってくらいガッツリ」負傷も生出演

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/17/0011649121.shtml

    だからAKBの選抜も、能力に応じて選ぶべきということかな。
    現状は人気知名度がある人間を上から選んでいく方式だけど、前述のように歌やダンスは実力ある子にとっては割に合わないし、元々得意じゃない子もいる。

    更には大所帯でやってるからギャラもピンでやるよりは安いだろうしね。だから一定の実力が身に着いたり適性がない子は、本人が強く望んでいる場合を除いては選抜から外して、別の仕事をしてもらった方がいいかもしれない。例えばAKBのイベントのMCしてもらうとか、裏方に回って指導役に回ってもらうとかね。なあちゃんだったらソロライブツアーなんかもいいかもしれないな。

    そして指原なんかは正にそういう役回りをすべき時なんじゃないかな。既に多忙過ぎて新曲のために振り付け覚えるのも限界に近付いているだろうから、負担軽減を考えないといけない。今は何も話は来ていないけれども、もし自分が将来AKBの運営に携わるようであれば、そういう措置が取れるようにすることを約束するよ。それこそ指切りしてもいいかな。ケガしてるだけにね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。