AKB48グループ歌唱力No.1決定戦を振り返る その3(「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」より)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AKB48グループ歌唱力No.1決定戦を振り返る その3(「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」より)

2018-12-09 03:17
    前回の続き。

    SKE48第9期生オーディション開催のお知らせ

    https://www.youtube.com/watch?v=sewVpjIt63s

    SKEだと斉藤真木子や高木由麻奈、都築里佳なんかも何でも出来そうなタイプには見えるんだけどね。でもみんな品がないわな。真木子が演技している姿もあまりイメージ出来ないし。

    だから喋りの勢いや笑いのセンスで人選するのはある意味リスクが高いともいえるかな。やっぱり「面白い人」と「やる気がない人」は紙一重だから。期待出来るメンバーだと思ってたのに実はただの素行不良メンでしたということにもなりかねないので、それのみで判断するのは個人的にはあまりお勧めはしない。

    SKE489期オーディションで言ったら17や21、31や36が採るのが勇気がいるタイプかな。31(香港の子)は福士奈央みたいなタイプか。あまり歌やダンスは期待出来なさそうに見えるけどだろう。

    反対にこのタイプでも安全そうなのは50と67か。50は山田野絵に似ているけど、まずハズレはない。そして67はこっちゃん、白井琴望のお姉ちゃんだね。歌ダンスのスキルも既に高いと思われ、即戦力として期待できそう。

    岡田奈々ソロコンサート~私が大切にしたいもの~ DVD&Blu-rayダイジェスト公開!! / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=lJODMcWj_74

    それに笑いのセンスだけで判断すると、岡田奈々みたいなのを採り逃してしまうからね。その意味でも笑いのセンスは参考程度にした方が良いかもしれない。

    さて歌唱力No.1決定戦の話に戻ろうか。動画見たけどやっぱりなあちゃんは凄かったね。マイクの持ち方からして実力が違うのも感じたのもそうだけど、曲を完全に理解していた上で力の入れ加減を上手く調節していたのが凄かった。まるでベテランのジャズシンガーのようだったね。スキャットやアドリブやってくださいと言われても、何も問題もなくこなすだろう。
    
    村山チーム4「手をつなぎながら」公演全曲ダイジェスト presented by DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=t0IOpdZh1nk

    彼女が頭が良いんだね。
    与えられた仕事の中で、何をやれば作品や自分が輝くかをよく知っている。お芝居で言うなら演出家がいなくてもやって欲しいことがわかるタイプだ。

    そして当然音楽についても何が欲しいかを知っているんだね。自分が関心したのはこのチーム4公演のダイジェスト映像を見た時だったんだけど、「Innocence」を歌っている時に前髪が目にかかっていた。

    あれもきっと意図的なもので、こうするとカッコよく見えるというのを知っていたんだろう。自分はあの動画を見たときに凄いなと思い感心したんだけど、でもいつも言うように彼女は何かを隠しながらやっているように見える。自分を曝け出せてないのかな。それが自分には気になった。自分は1位でも良いとは思うけどもしかすると評価が分かれるかもしれない。
    
    AKB48 Team 8 / AKB48 Team K 小田 えりな (ERINA ODA)

    https://www.youtube.com/watch?v=nYFSTPJzdJY

    今回審査は公平かつ厳正に行っていたと最初は思ったんだけど、今考えると先入観がかなり採点に影響していたんだな。岡田奈々の1位に関してもそうだけど、小田えりなの2位もそうだった。歌唱映像は動画サイトに落ちてるから各自確認してもらいたいんだけど、彼女はサビに入るまで全くリズムを取っていなかったし、サビに入ってからもところどころリズムを取れていない箇所があった。

    にも関わらず審査員は彼女の歌声に関して2位という評価を下した。こんなの俺からしたら予選落ちで当然だけど、審査員は一体何をみていたんだろう?

    【1人アカペラ動画】365日の紙飛行機【坂本愛玲菜】 / HKT48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=pIQMeu9Qlro

    誰が歌が上手いかは事前に知られていたんだよね。小田えりなやこの坂本愛玲菜、高柳明音なんかも上手いとは言われていたし自分も知っていた。

    でも今回の歌唱を見る限り、彼女達はきちんと歌えてはいなかった。例えば高柳明音は表現力に欠けていたし、前回挙げた坂本愛玲菜は語尾の部分でリズムが取れていなかったね。これは審査では大きな減点だし少なくともSTUの子達はこのミスはしていなかったけど、何故か良い順位がついていた。刑事訴訟の世界では予断排除の原則というのがあるけれども、それが徹底できてなかったんじゃないか。

    AKB48 Team 8 / AKB48 Team 4 歌田 初夏 (HATSUKA UTADA)

    https://www.youtube.com/watch?v=jy1rO2tlaoY


    多分AKBグループでなあちゃんと勝負できるのは、この歌田初夏(はっつ)でしょう。
    はっつは普段見ている限りただのク〇ガキにしか見えないんだけどな。でも歌声に心を震わせる力があるし、目を潤ませながら歌っているように感情の表現もとても豊かだ。歌ったのは坂本愛玲菜同様森高千里の「渡良瀬橋」だけれども、語尾もきちんとリズムを取っているし澄んだ歌声がとても曲に合っている。

    でも彼女は11位。おかしいと思うんだけどねえ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。