根性の履き違え
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

根性の履き違え

2018-12-26 00:57
    そういえば、ヤフーニュースにIZ*ONEのインタビューが出ていたね。

    AKB48という「安定」を捨て韓国へ――IZ*ONEの3人が挫折からはい上がったK-POPの世界


    https://news.yahoo.co.jp/feature/1176

    この宮脇咲良ってのは極端なビビリでね。
    それこそ握手会が怖いです、演技するのが怖いです、総選挙が怖いですといっていつも震えている感じ。普段の話し声からして裏返ってるからね。きっと極度の緊張と不安の中で日々生活を送っている。

    だからアイドルなんて向いてないんじゃないかとも心配になってくるんだけど、でも本番になると突然人が変わったようになって、物凄いパフォーマンスを繰り広げる。あのお披露目のネッコヤ見た時は本当にびっくりしたもんね。正にインタビューで咲良が言っているように根性があるというか、辛いところに立たされれば立たされるほど頑張る子なんでしょう。

    IZ*ONE (아이즈원) Concept Trailer B cut #MIYAWAKISAKURA

    https://www.youtube.com/watch?v=SBvUVQnoYMQ

    でも自分に言わせると、その根性なんてものは長続きするもんじゃないと思うんだけどね。
    だって一般的に根性と言われているものは、大抵はただの痩せ我慢だからね。それこそ数日数カ月ぐらいは乗り切ることは出来ても、ある時を境から心が折れて使い物にならなくなる。今までの反動が来てしまう。

    実際それで心を折られた子達は沢山いるでしょう。咲良だってそうだからね。このインタビューでは気丈に振舞っているけれども、実際には逃げるようにHKTを後にして行ったわけで、精神的には限界一歩手前だったに違いないんだ。だから根性の履き違えをしないようにしないといけないよね。無理することは根性ではないと思うよ。

    沸騰鍋に顔押し付けられ…元芸能事務所社員が社長を刑事告訴

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/23/0011844812.shtml

    それに根性って言葉を口にしていると、それにツケ込んでくる大人たちがいるからね。
    人間ってのはね、「根性があります」って言う人を見ると調子に乗るんだよ。アイツには何をやっても許されるだろうとか、「アイツが音を上げるところを見てみたい」のように、サディスティックな感情が湧いてくる。ちょっと前に芸能プロダクションの社員が社長に鍋に顔突っ込まされたというニュースがあったけど、あれなんかも典型例でしょ。体育会系な雰囲気が色濃く残る芸能界の中で、人の「根性」見たさに理性に歯止めが効かなくなってしまったんでしょう。

    AKB48 2018年全国握手会エンディング映像(幕張メッセ)/ AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=nhLk8XmgtRo

    そしてAKBや秋元康のやってることも、正にその根性の履き違えから来てるんだろうな。
    彼らはアイドルが文句を言わずに頑張るのを良いことに、彼女達に過酷な労働を課してきた。例えば朝から晩まで握手をさせたりとか、プロレスをさせたりとかね。ゆいはんやゆきりんはエロ先生をやったりパンツを見せたりした。

    もう彼らにとっての「根性」の定義が、仕事内容から透けて見えちゃうもんね。つまり彼らにとっても「根性」とは、汗だくになったりフラフラになるまで働くこと。そして水着をはじめとして肌露出をすることだ。もうやってることが体育会の域を出てないよね。安直かつ下劣。これでは商売として成功するわけがないわ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。