山口真帆暴行事件に思うこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山口真帆暴行事件に思うこと

2019-01-12 04:19
    やっぱりこの話題を書くべきなのか。

    NGT山口真帆 暴行被害告白、自宅玄関先でファンの男2人に…

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/10/kiji/20190109s00041000351000c.html

    書いた歌詞の解説書こうと思ったんだけれども旬の話題はこれだろうし、歌詞の解説だったら後でも書けるからね。今回は予定を変更して山口真帆暴行事件の話を書こうと思います。

    まず自分がこの一件の報道を見て思ったのは、「論点がおかしいんじゃないかな」ということだった。つまり殆どのニュースやコメントでは単に「プライベートのアイドルの住所がバラされ接触されて怖いですね」という取り上げ方をしているんだけど、でもNGTの本質を考えると核心は突いていない気がする。

    どういうことかというと、この事件は、山口真帆ちゃんと他のメンバーの間の、意識の差から生まれたということなんだろ? つまり通常一般人は「プライベートでファンに接触すると危険」という真っ当な認識を持っているんだけど、他のNGTメンバーは必ずしもそういう認識はなくて、ファンとプライベートで交流したり部屋に入れたりすることが、むしろ通常のアイドルの営業活動の一部だと思っている人間がいたんじゃないのか。だからファンに帰宅時間を教えたり、向かいの部屋に住んでるよ(山口談)と軽々しく教えてしまうメンバーがいたということなんじゃないのか。確かNGTはメンバー達が新潟市内にまとまっている住んでいるんだよね。であれば誰かの居場所がバレれば他のメンバーの居場所も自然にバレるわけで、山口真帆ちゃんがメンバーを疑うのも無理もないんだ。

    【NGT山口真帆暴行事件】アイドル防衛の実情

    https://www.j-cast.com/2019/01/09347650.html?p=all

    でも山口真帆ちゃんは、メンバーの関与を疑いながらもそれによってメンバーの結束を奪いたくない失いたくないと思いながら発言したのがわかるね。

    この子はNGTの中では教育係的なポジションだ。どこか浮ついた、ちゃらんぽらんなところもあるNGTの他のメンバー達に対して、いつも行動を戒めたり諭したりする役割をしている。本人は自分のことを警戒心が強いと言っているけれども、それだけではなくて真面目で一生懸命な子でもあってね。アイドルになる時に「誰が敵になるかわからないから」と言って、友人関係を全部清算してきたぐらいの子なんだ。そのせいか私はいつも一人で寂しいと言って泣く姿も自分は目にしたんけれども、それでもそのぐらいの覚悟を持って新潟に来ている。

    だから加害者であるファンが向いの部屋(メンバーの部屋だろう)から出てくるなんてことは絶対に許すわけがないし、そのファンが家に押しかけて来たときには本当に恐怖したに違いない。でもファンからすれば他のメンバーがプライベートで交流してくれる子達ばっかりだから、真帆ちゃんのところに行っても大丈夫だろうぐらいの気持ちだったんじゃないのかな。だから害を加える気もなかったにも関わらず真帆ちゃんに過剰に反応されてしまい、警察沙汰になったということではないのか。自分はこの事件をそう理解しているんだけど。

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/245184

    だからこの問題の本質は単にアイドルの家にファンが押しかけて来たということではなくてアイドル、特に地方アイドルの商売の在り方ということなんだろう。

    つまり記事にもあるが地方アイドルの場合は商圏が狭く小さいこともあって、イベントをやると同じ人間が来るし、そのせいかファンと交流が密になったりその過程で住所等がバレてしまうやすいリスクがある。

    ではそういう事態が起こった時にアイドルを扱う側はどうするべきか。そしてアイドルをファンと称する人間達から守るために、どのようなビジネスモデルを築くのが良いのか。それが問われているんじゃないのかな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。