元アイドルのクリンチワーク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元アイドルのクリンチワーク

2019-04-15 01:19
    前回の続き。

    岡田奈々ソロコンサート~私が大切にしたいもの~ DVD&Blu-rayダイジェスト公開!! / AKB48[公式]


    https://www.youtube.com/watch?v=lJODMcWj_74
    
    山本彩はアイドルを長くやってたせいで、クリンチワークが上手くなっちゃったんだろうな。
    やっぱりアイドルの取り巻きって、運営もファンもクズばっかりだからな。ブサイクやデブなのばっかりだし、風呂入ってないのや歯がないのばっかりだし、そして社会常識のないやつや暴言を吐いて悦に入る奴らの集まりだ。

    そんな中で山本彩を含めたアイドル達が上手く世渡りをするためには、かわすテクニックを身に着けるしかなかったんだろうな。つまり当たり障りのない言葉を選びつつ、なるべく感情を表に出さずに柔らかな笑みだけをたたえながら過ごす。やっぱりアイドルって男のペットなんでね。自分の意見を言うよりは、従順な大人しい方が受けるだろうという打算も働くに違いない。

    でもそんなスキルは表現の世界では役には立たないんだな。この世界で必要なことは自分を出すことだ。普段何を食べて何をして、そして何を考えているのかをみんなの前で歌にして発表する。それによって共感を得てめぐりめぐってカネが降りてくるというのが音楽界のビジネスサイクルなわけで、他人の顔色を窺いながらやってもきっと上手くは行かない。

    だから山本彩は、そういう固定観念というか洗脳を解くところから始めないといけないと思うよ。歌詞を見ている限り、まだ何か逃げの姿勢があるように思えてならない。アーティストで成功したいなら、かわすのではなくて向き合わないといけないよ。ちなみに岡田奈々も山本彩とタイプが似ている感じがあるね。将来同じ悩みを持つ気がしますわ。

    =LOVE(イコールラブ) /「探せ ダイヤモンドリリー」【MV full】

    https://www.youtube.com/watch?v=t5r0rNwjXQU

    指原とはつまりはそこが違うんだな。
    山本彩が相手のパンチをかわすだけに終始しているのに対して、指原はかわしながらパンチも打てる。だからアイドルやめてからも需要があるし、歌詞を見ても表現がはっきりとしている。

    ちなみにこの歌詞だけど、ちょっと気になるところがあるかな。HKTのシングルと合わせて今度書き直してみようかね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。