ステレオタイプとの戦い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ステレオタイプとの戦い

2019-04-18 01:17
    前回の続き。

    中井りかソロコンサート~中井りかキャンペーン中~ DVD&Blu-rayダイジェスト公開!! / NGT48[公式]
    
    https://www.youtube.com/watch?v=L46FSWPtgEY

    他人に従属せず、自発的に自主的に、自分の頭で考えて行動することを教えないといけないよ。
    一般的にアルバイトよりもサラリーマンの給料の方が高いし、サラリーマンよりも経営者の給料の方が高いだろう。それは労働の質が3者では違っているからだ。つまりアルバイトは基本的に他人から指示を受けて動くから給料が安い。そしてサラリーマンはある程度の裁量は与えられているものの組織の指示を受けて動いているからあまり給料はもらえない。一方経営者はそのような束縛から逃れて自由にやっている。だからリスクも高い反面高い収入が得られている。

    なのでアイドルも成功したいのならば、その経営者のように出来るだけ他人の支配や束縛から逃れて、自分の意志で考え行動しなければならないよ。実際中井りかとか平手友梨奈とかはその典型だろう。彼女達は組織に一応属してはいるけれども、組織に従属しているという感じはないし、有形無形の圧力にも強そうだ。だから成功するんだ。

    降板理由は「大学留年」 指原プロデュース「=LOVE」諸橋、予定の舞台出られず

    https://www.j-cast.com/2019/04/15355313.html

    でも殆どのアイドルにとっては、自発的に動くということは高いハードルに違いない。
    やっぱり本人の意思の弱さもさることながら、アイドルという職業の限界もあるんだろうね。
    だって前回書いたようにアイドルってのは従属する商売、男のペットだからね。笑顔を振りまきファンと握手をし、尻尾を振ることを生業としている以上、自発的に動けというのはなかなか難しいところがある。

    でもそれを仕方がないと言っていてはいつまで経っても労働としての価値が上がらないし、労働の価値が上がらなければNGTのようなファンとの不適切なつながりや、こんな大学とかとの両立みたいな問題も出て来る。本当は両立なんて生半可な気持ちじゃ成功しませんよとでも言ってもみたいけど、アイドル界の現状からすると仕方ないのかな。

    めざせ!プログラミングスター ~プロスタ★キッズ大集合!~

    http://www.bs4.jp/programming_star/

    だからその辺がプロデューサーの腕の見せ所だろうな。
    これからはアイドルというイメージ、ステレオタイプとの戦いだ。今までの従属的な、男のペット的な立場から脱して、もっと自立した存在を目指して行かなければいけない。

    勿論その際には色々な障害や、圧力、抵抗があるだろう。例えば今まで応援してくれた人が最近お前ら生意気になったからファン辞めるわとか言い出したりとかしてね。悲しい想いをすることもあるだろうけれども、でもそういう圧力に屈することなくプロデューサーが道筋をつけてあげることだね。このプログラミングの番組なんかは、その第一歩かもしれないよ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。