ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

加藤美南は無罪である
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

加藤美南は無罪である

2019-05-23 19:39
    ちょっと前回の説明が分かり辛かったのかな。

    NGT加藤の“誤爆”が示した致命的な断絶

    https://www.daily.co.jp/

    ならもう少し丁寧に説明するか。
    まず今回の件についてだけど、NGTのメンバーは全員無罪だということだ。だって犯人グループを教唆した事実は確認できなかったし、メンバーのつながりを処分しろと言っても、メンバー達がつながっていた時には支配人もスタッフの連中も、全員見て見ぬフリをしていたんだから。犯罪で例えるならば万引きされるのを店主が見て見ぬフリをするようなものでね。その態度は「物を自由に持って行っていいですよ」という店主の許可のサインとみなされる。だから万引犯は窃盗罪にはならないし、同様にNGTの子達も罪には問われない。

    一方真帆ちゃんも含め、メンバーやスタッフの殆どはファンとのつながりは禁止だと思っていた。確かに明文には恋愛禁止の条項はないけれども、それでもファンと繋がれば運営から処分を受けると考えていたから、みんな暗黙のルールを守っていたし、それを根拠にNGTメンバー達の処分を求めていたわけだ。
    
    つまりAKBグループの中には「ファンとの私的つながりは良い」と考えるグループと、「私的つながりは悪いことだ」と考えるグループの2つの立場がいたことになる。そうであれば本来なら運営は両者の対立が決定的になる前に、ファンとの距離についての立場をきちんと表明するべきだった。

    にも関わらず運営はその立場を明らかにしないままだったので、山口真帆ちゃんの暴行事件が起こった時に両立場の対立が決定的になってしまった。この戦いは自分の意見が正しいと考える者同士の争いだ。つまり一方は「つながったメンバーを処分しろ」といい、もう一方は「つながっても悪いなんて聞いていない」といい、議論は平行線をたどり続ける。

    そして運営はつながりは不問ですと言ってみたものの、今までつながりは悪だとメンバー達に思わせていた手前、そんな言葉に今更説得力があるはずもないだろう。こうして何も解決しないまま時間ばかりが経っていき、メンバーとの間にも亀裂が入ってしまったんだ。

    加藤浩次、NGTのSNS停止に「そういうことじゃない」問題根本解決せずと指摘

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/22/0012353826.shtml

    つまりこの問題は、どうやっても解決が不可能になっているんだ。
    上にも書いたように、本来ならば運営はファンとのつながりについて明確な見解を述べるべきだった。にも関わらずそれを怠ったためにどちらの立場にも一理あることになってしまい、問題の解決が出来なくなるだけでなく、メンバーの関係も必ず悪化する状況になってしまった。

    そして加藤美南は、この運営の作り上げた対立システムに巻き込まれた被害者であると自分は考える。彼女に罪を負わせるのはあまりにも可哀想だ。山口真帆ちゃんとの対立を煽ったのは運営だ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。