ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Bダッシュベンチャーズの保身術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Bダッシュベンチャーズの保身術

2019-07-01 22:58
    前回の続き。

    吉本 コンプラ推進委員会、若手研修、個別面談も…それでも不祥事「忸怩たる思い」

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/27/0012464641.shtml

    吉本の問題はどうやって解決しようか。
    基本的にコンプライアンスを推進したところで、吉本芸人が貧乏なのは変わらないんでね。また誘惑に駆られて似たような問題を起こすに違いない。

    なので解決するためには貧乏になるに至ったシステムを変えるしかないんだけど、それが出来るのかどうか。具体的には所属する芸人の数を減らすことだ。つまり前回説明した通り吉本興業は希望者を誰でも所属芸人にした結果コストがかさみ、その費用を売れている芸人たちに押し付けていた。そのせいで芸人たちは困窮し、闇営業へと走らせる原因を作った。

    だから売れない芸人を入所させないなどして、少数の有望な人間のみを育成したり売り出したりすれば、吉本興業の経営と芸人の待遇改善が見込めるんだけど、でも吉本側からするとそういうノウハウはきっとないんだろうな。思うに吉本のスタイルって芸人なりたい人いたらとりあえず劇場で芸をやらせてみて、客の反応の良い人を次のステージに上げて行くという方式だからね。人を育てるという概念は社風とは相容れないはずなんだ。

    NGT信頼回復につながる? 「つながり防止」など対応策発表

    https://www.j-cast.com/2019/07/01361483.html?p=all

    正に吉本のシステムはAKBのシステムと一緒なんだな。つまり誰をセンターにしたいかは皆さんが総選挙で票入れて決めてくださいって方式。だから吉本はAKBのビジネスモデルに惹かれたんだな。ああ自分達とやってること一緒だわと。その結果NMBや吉本坂が生まれた。

    でもそれでは闇営業を発端とした問題は解決することはない。恐らく吉本坂の中にも闇営業経験者はいるだろうし、NMBの中にもギャラ飲みという形で闇営業をしている人間は多数いるだろう。このまま事態を放っておけば、間違いなく問題は彼らに飛び火する。

    この点問題を解決するためにはAKSのように、外部からの出資を受け入れるしかないだろう。つまり問題は経営者なりオーナーがバカなことに起因するわけなんで、外部の人間に入ってもらうことで、その経営者なりオーナーの影響力を弱めて行く。

    ただしこれでも上手く行くかどうかは未知数だけどね。というのも今回のAKSにせよSKEを買ったKeyHolderにせよ、アイドルの安全対策を叫ぶばかりで肝心のアイドルの育成や、サービスの質の向上についての具体案には乏しいように思えるからだ。

    マシ・オカ、AKB48ら運営するAKSのアドバイザーに就任

    https://natalie.mu/eiga/news/337842

    要はみんなブラック経営者とは言われたくないんだな。
    KeyHolderもマシオカも、更には今回出資したB ダッシュベンチャーズも、彼らは全員ホワイトだと思っているんだ。だからアイドル達には一般企業で実施するような福利厚生が当然だと思っているし、そうすることでブラックだと言われ自身のブランドに傷がつくことを防いでいる。

    でも残念なことにAKSっていうのはブラック企業なんだな。ブラック企業の連中は倫理も道徳もないし、能力も低いわけで、現状のままで福利厚生だけを推し進めたら、赤字になる可能性が極めて高い。では出資者の方々には収益力を高める具体案は何かおありですかと言いたいわけだ。


    思うにそれをやるためには、まずAKBグループのメンバーを3分1以下にしないといけないだろうな。そしてメンバーを絞った上で彼女達に高度な教育を施し、更には秋元康をクビにする。もうけが出るような質の高いサービスをするためには秋元康はどう考えても邪魔だけれども、自分にはBダッシュベンチャーズやマシオカには、それらができるとは思えないんだよね。彼らのやり方は単にブラック呼ばわれされないためだけの、その場凌ぎにしか見えないんだ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。