道下まさきんたまさん のコメント

そもそもあらかじめ黒メンバーを解雇しとけばここまでの大事にもならない上に、警備費用もスポンサー降りることも、第三者委員会への報酬も生じなかったんやが、、、 これは男よりもAKSの不手際が生じさせたもの それを他人に押し付けるのは汚い 
No.4
5ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
変な法的構成になったな。 NGT訴訟の最大の目的は「真相究明」 山口真帆ら出廷の可能性も https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1467066/ 普通だったら「弊社所属の山口真帆があなたちに暴行を受け、そしてNGTとしても被害を被りましたのでカネを支払ってください」という訴訟を起こすべきだ。でもそう主張しなかったのは真帆ちゃんが訴訟の場にに引きずり出されるのを避けるためだろう。 つまり暴行事件の事実の有無が真理の争点になると、じゃあ本人が出てきてもらいましょうという話になりかねない。でも真帆ちゃんは多分訴訟事に巻き込まれたくないと思っているんだろう。なのでこの法的構成は取れなかったんだな。 そこでAKS側としては、ちょっとひねってきたんだな。つまりメンバーの関与があるとありもしないことを言ったことでメンバーの仲が悪くなり大変なことになりましたよと。だから損害を賠償してくださいという法的構成で、いわば名誉棄損訴訟のようなものを原告側は提起してきたわけだ。 NGT損害賠償訴訟 被告は  争う構え(新潟県 https://www.teny.co.jp/nnn/news16441692.html AKS側からするとこういう法的構成をすれば、被告である犯人側は勝訴を勝ち取るためにメンバーの関与があることが事実であることを立証するだろうと考えたんだな。その結果真実が明らかになるという目論見なんだろう。 でもよく考えてみるとこの法的構成はおかしいんだけどな。というのも犯人達は名誉を棄損するためにメンバーの関与を言ったわけではないんだな。つまり知っての通り犯人達が喋ったのは真帆ちゃんや警察の追及を避けるためであって、別に名誉棄損の事実を流布するためではなかった。むしろ情報を拡散したのは警察やメディア、NGTや第三者委員会の方だからね。なので犯人達が名誉を棄損したとするのは無理があるのではないか。 NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、犯人との生々しいやり取りを再現 https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05171846/?all=1&page=1 それにこの真帆ちゃんと犯人達のやりとりを見る限り、犯人達はBとCの関与があった旨の発言は撤回しているし、真帆ちゃんに聞かれて犯人達はつながっているメンバーの名を何人か挙げてはいるが、別に彼女達に事件の関わりがあるという意味で言ったわけでもない。つまり言い間違いの類なわけで、それを根拠に名誉棄損で3000万円払えというのは難しい気がする。  NGT運営会社に訴えられた男性ファン、争う構え 損賠訴訟の口頭弁論 https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/190710/evt19071014320009-n1.html 更に言うならば事実は争わないが損害面のみ争うとか、損害との因果関係の存否のみ争うと言われたら、もう真相の追及は無理だろう。だからAKSのやってることはかなりお粗末だし、何も解決しない可能性が高いんだけど、それでもまだ弁護士を立てていないところを見ると、被告側にはまだそういう知恵はもらっていないということだろうか。やっぱり犯人達にやましいところが多すぎて、弁護士に相談行くのも気が引けてたりするのかな。
日常の出来事を、わかりやすく解説していくよ!

何か要件等ありましたら、ツイッターでご連絡いただけるとうれしいです。

twitter:https://twitter.com/akitweeting