ジャニーズは本当は強くない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ジャニーズは本当は強くない

2019-07-21 11:59
    前回の続き。

    ジャニーズに「注意」 公取委の狙いは?

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47464800Y9A710C1000000/

    吉本が宮迫との契約解除を発表

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1478637/

    それにしても短期間に色んな事件が起こったもんだな。ジャニーズに吉本に京アニに……、立て続けに起きた事件は一底辺ビジネスの実態というものを見せてくれたように思うよ。一般社会では法令順守や福利厚生、安全管理というものが当然だけど、世の中にはそれが当然ではない世界が沢山あるんだ。

    ジャニーズが受けた「注意」の法的意味…元SMAP3人の出演に「圧力」は本当か?

    https://www.bengo4.com/c_23/n_9902/

    まあそれぞれについて一気に話すのは大変だから、まずは時系列的に早かったジャニーズの話からしようか。この公正取引委員会の注意勧告について、ジャニーズは違法性はないなどと言ってるけど、そんなわけはないと思うよね。確かに新しい地図の場合営業力という点ではジャニーズよりは劣っているだろうから、メディアの露出は多少減ることは仕方がないかもしれないけれど、だからといって新しい地図の干されっぷりは、それだけでは説明できないものがある。

    というのも記事にあるように、芸能界ってのはアイドルやタレントに先行投資するんだな。つまり巨額なカネをかけて育成なり売り出したりして、後で長い期間をかけて回収する。

    だから途中でアイドルやタレントに辞められてしまうとカネが回収できず困ってしまうわけで、そこに事務所移籍の際の圧力が発生する下地があるんだよ。

    ジャニーズ事務所、その圧倒的経営力支えるビジネスモデル

    https://www.news-postseven.com/archives/20190701_1402415.html

    加えて最近アイドルの事務所退所の話が沢山出ているし、抱えているジャニーズジュニアの数も多いでしょ。話によると300人を超えているらしく、経費もかなりかかっていると思われる。だからこの記事には圧倒的経営力と書かれているけれども、自分に言わせると多分そうではないんだと思うよ。多分過去の遺産を取り崩しながら生きながらえてるだけだと見る。

    のんへのオファー、上司から「潰されてしまう」 現マネジメント会社が業界の「体質」主張

    https://www.j-cast.com/2019/07/19362991.html

    そしてだからこそ圧力を掛けるだけの動機がある。amazonやヤマダ電機なんかもそうだろうけど、企業の中には見た目の身体の大きさに反して実は収益力が高くない企業があるんだな。そういう企業は自分の優越的な立場を利用して、下請けや取引先に対して不公平な取引を結ばせることがある。この点テレビ局側は忖度はあったかもしれないとか言ってるけれど、もっと具体的なものはあったと思うけどね。例えば「ジャニーズ辞めたタレントを使うのなら、おたくの局には一切アイドルは出しません」とかね。正に吉本興業の得意技ですわ。ニコニコも昔NMB辞めた渡辺美優紀を出演させないために、吉本から圧力かけられたことあったもんな。

    テレビ局とジャニーズ事務所の関係はいかに変遷してきたか

    https://www.news-postseven.com/archives/20190720_1414944.html

    でもそんなことやる人間や企業は、決して勝者にはなれませんわ。だってやってることはどこぞの独裁国家と一緒だもんね。そんな威厳を見せたり脅したりするのは、きまって立場の弱い側がやることで、本当に強い者は他人に自身の強さを誇示したりはしない。トヨタ自動車が下請け企業に圧力掛けたりしますか? ジャニーズや吉本がやっていることは、弱者の戦略そのものだ。

    ということで自分的にはジャニーズは状況証拠的にクロ、真っ黒だと思いますわ。
    こういうのはヤクザと一緒で、直接的に恫喝したり圧力かけたりすることはしないんだけど、それでも自分達に大きな力があることをそれとなく匂わせて、法に触れない形でやっていく。
    いつしかジャニーズも、そういう手口を身に着けてしまったんじゃないのかな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。