吉本興業の分配システム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

吉本興業の分配システム

2019-07-26 20:50
    前回の続き。

    紳助さんに聞く ギャラ9対1?「おまえが安いんじゃ…おまえが売れてくれ」
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/25/kiji/20190724s00041000594000c.html

    ギャラが適正であるというためには、選択の自由がなければならないよ。
    例えば太田プロやら人力舎やらタイタンやらに自分の実力を査定してもらって、ギャラも提示してもらう。そして提示してもらったギャラを吉本でもらっているものと照らし合わせてみて、はじめて正しいギャラをもらっているということがわかるようになる。

    土田晃之もギャラ事情の一端明かす「配分だけは分からない」

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/26/kiji/20190726s00041000178000c.html
    
    しかし吉本に限らず、芸能事務所というものは一般的に移籍の自由がないとされている。
    移籍されたら干される、テレビやらラジオやらに手を回されて一切仕事が出来ないようにされるなどと言われており、恐怖心から実質的に移籍が禁止されている状況である。

    その中で本当に適正がギャラが支払われているといえるのか。特に吉本についてはいつも言うことだけど、本当にギャラが適正ならば芸人たちが給料安いなどと言うわけがないし、闇営業(直営業)がするはずもないので、猶更疑わしいところがある。

    トミーズ健 加藤や松本の退社示唆に苦言「6000人の芸人が右往左往するから考えてほしい」

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1483536/

    ハイヒール・モモコは「好きな会長と社長」思い吐露

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907260001253.html

    オール巨人、上層部批判の若手に「良いとは思いません」

    https://hochi.news/articles/20190724-OHT1T50296.html

    この点自分は吉本はベテラン組とそれ以外で、ギャラの取り分が違うのではないかと考える。
    というのも芸人の立場によって、かなりの温度差があるように感じたんだな、つまり若手をはじめ宮迫加藤といった中堅組は、殆どが皆待遇の悪さを訴えているのに対して、島田紳助やオール巨人をはじめとしたベテラン組は、この動きに関して苦言を呈していることが多いだろう。一般的にギャラが安いと言われている吉本に所属しているのにね。若手に味方する様子があまりない。

    これは一定の年齢を超えるとギャラの取り分が上がるようになっているからではないのか。実際あの社長のクズっぷりからすればあってもおかしくない話のように思うよ。宮迫さんや亮さんが直談判しに行った時には人払いまでしてお前らクビじゃ言うたのにね。でも自身の記者会見では松本さんさんまさんなどと言い、大御所には頭が上がらない様子だった。吉本は芸人の立場によって態度のみならずギャラまで変えている可能性がある。

    吉本興業HD、経営アドバイザリー委員会を設置へ

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907260000075.html

    そう考えると吉本興業のシステムについて上手く説明がいくんだけどな。
    つまり吉本は若手からギャラを必要以上に吸い上げて、ベテラン組のギャラの支払いに充てることで組織を運営している。当然若手はそれに対して文句を言うが、辞められてしまうとベテラン組への支払いが出来なくなるので、脅して移籍を留まらせる。あるいは契約を作らずに金銭的な話を曖昧にしておく。

    こんな状態なので経営アドバイザリー委員会なんか作っても効果があるか疑わしいな。わかるように吉本のシステムって、違法な手段なしでは成り立たないものばかりなんだ。そんなブラック100%の企業をホワイトにしようと思ったら、どれだけの労力がかかることやらわからない。AKSと同じで改革は大変というか、殆ど無理だと思うわ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。