NMB48「母校に帰れ!」書き直しました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NMB48「母校に帰れ!」書き直しました。

2019-08-06 06:14
    お待たせ。


    青年グラフィティ

    一度自由になりたいと ぼんやり見上げた上の空
    穏やかな行方を願うように晴れた 呑気な太陽だ

    作り笑い過ごす日々も 重たくなってしまったんだ
    何も出来る気がしない      

    ミスだらけで落ち込むのが いつだって当たり前になった
    もう辞めたくなってきたよ

    ああ 息もつかずに傷つくほどに迷ったら
    置いてきたもの取り返して  意欲的になるかな
    ああ 心の中で虚しさに変わった夢は
    風に流れてしまった まだ光が眩しいよ


    住んでいる街のどこかで 君が嫌いだった愚痴を言えば 
    気を遣うことなく 少し救われるから いっそ楽なのかなあ

    目にするにはちっちゃ過ぎて 誰かに忘れかけられていた
    描いた未来の形

    望むものならいっぱいに
    積もった がらくたにあった
    眼を閉じ浮かび出す輝き

    ああ 悪い手口も仕方ないと居直ったら
    二度と君には会えない あの笑顔を思い出せ

    もう元気になあれ 辛いことは押しのけて
    正直者に立ち返って 明日(あした)を生きて行(ゆ)こう
    さあ歩き出そうぜ  諦めなかった人が
    最後に勝つと信じて また寝床に帰ろう

    【MV】母校へ帰れ! / NMB48

    https://www.youtube.com/watch?v=c5nENMmonok


    こんな感じでどうかな。
    アイドルっぽくない歌詞だけど、まあ曲自体がアイドルっぽくもないのでこれで良いかなと思って書きました。それにしても思ったけど、AKBはワンパターンな曲が多くなってきたな。曲聞いてるとわかるけど、どれ聞いてもこんな夏を思わせるような底抜けに明るい感じの曲ばっかりね。しかも夏のシングルだけじゃなくて、春でも夏でも秋でも冬でもそんな感じなんだから。あまりにバリエーションに乏しいので歌詞書いてて少し飽きてもいた。

    まあでもその割には結構良い歌詞に仕上がったとは思います。ということで次回は歌詞の解説を。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。