つながり防止はどこに行った?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

つながり防止はどこに行った?

2019-09-05 19:08
    前回の続き。

    元NGT48山口真帆「援助問題」疑惑の真相!
    
    https://taishu.jp/articles/-/68198?page=1

    ああ、ちょっと記事読み間違えてたわ。
    真帆ちゃんと犯人は以前から親交があって、酒と服をマンションに持っていく約束をしたところ、実際行ってみると真帆ちゃんが嫌がって警察沙汰になったということか。でもこれに関しては色々情報が錯綜していた気がしたけどな。犯人が元真帆ちゃんのファンだったんだけど推し変して、関係を修復するために会いに行ったんだみたいな話も聞いた気がするんだけど。

    まあどっちにしても結論は変わらないや。元々つながってる関係なら真帆ちゃんが自分で「つながってるメンバー全員言って」なんて言うわけがないし、犯人もマンションに酒と服を持っていくという割には真帆ちゃんの向かいの部屋を借りているとか、CD80万円分買って音信不通の理由を聞きに行くとか猟奇的なものすら感じる。もし犯人の考えるようなつながりがあったとしても、それはかなり一方的なものだったに違いなく、真帆ちゃんはそれに怯えていたんだろう。

    NGT信頼回復につながる? 「つながり防止」など対応策発表

    https://www.j-cast.com/2019/07/01361483.html?p=all

    真帆ちゃんはマンションに酒と服を持っていくなんて言われて、待ってるよなんて言うわけないからね。真帆ちゃんは自分の住所を知られることを極端に恐れていたんだよ。実はNGTメンバーでさえも殆ど真帆ちゃんの住所は知らないぐらいなんだ。だから彼女は犯人に襲われた時、数少ない自分の住所を知っているメンバーの中に教えた人間がいると考えて、犯人達に「つながっているメンバー全員言って。」と訊いていたんだよ。

    ということで真帆ちゃんは犯人とつながりはないということでいいだろうか。ここで吉成夏子は真帆ちゃんがウソをついていると言いたげだったけど、それは何のことを言ってるんだろう。上の記事の内容から察するに犯人からプレゼント等送られる関係でありながら「知らない男に襲われた」と話していたのがウソということか。

    でも「知らない」という言葉にも幅があるからな。それこそ顔を見たことがないという意味から顔は知っているけどどういう人となりかは知らないという意味まであるわけなんで、そこにあまり拘る必要はないとは思うんだけど。それに嘘をついているのは真帆ちゃんではなくて吉成夏子をはじめとしたAKSの連中だろう。コイツらはメンバーと犯人とが食事に行ったり遊びに行ったりする関係だったにも関わらず、つながりは挨拶程度でしたとか具体的な証拠に欠けるなどと言っていたし、犯人とのつながりについて新たな事実が出れば処分するなどと言っていたにも関わらず何も処分しなかった。

    更には記事にあるようなつながり防止の対応策を採ると世間一般に対し約束しておきながらも、その約束を反故にしようとしているそうじゃないか。情報によると犯人との裁判の訴状には、たとえつながりの証拠があったとしてもそれはプライバシーの問題であるから関知しないみたいなことが書かれているそうだ。あの時約束したのは一体何だったんだ? 本当の嘘つきはお前達ではないのか。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。