山口真帆への印象操作
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山口真帆への印象操作

2019-09-07 21:10
    前回の続き。
    
    「事件の原因はNGT山口真帆が男と不仲になり無視したため」AKS吉成社長またも暴露発言

    https://bunshun.jp/articles/-/13917

    そうだよな、確か自分が目にしたのは犯人が真帆ちゃんから推し変してそれで仲が悪くなったので話をしようと思って家に押し掛けたみたいな感じだった。でも日刊大衆の記事には仲直りできたのでプレゼントを持って家に行ったら驚かれて騒がれたみたいな話になっていた。どっちが正しいんだ?

    でもどっちが事実だとしても真帆ちゃんが悪いにはならないからね。というのもプレゼントをもらうのも握手会で仲良くするのもAKBグループの業務の一環であり特別責められることではない。勿論もしプライベートでも仲良くしていたというのであれば、真帆ちゃん側にも責められる点があるのかもしれないが、単に吉成夏子が主張するように犯人と不仲になって無視したというだけでは、別に真帆ちゃんは非はない。

    ではその事件前に真帆ちゃんと犯人がプライベートの領域でも繋がっていた証拠があるんですか? という話になってくるんだけど、説明しているように公開されている情報を見る限りではそれはなさそうに見える。つまり

    1 仲が悪くなったので話をしようと思って来たという割には、犯人は真帆ちゃんとの会話の録音テープの中でそれについての話を一切していない。もしつながりがあったのなら普通その原因についての激しい言い合いだとか謝罪などあって良さそうだが、それが見られないのは犯人と真帆ちゃんとの間には、元々深い関係がなかったからではないのか。

    2 真帆ちゃんは「あなたたちが関わっているビッチと一緒にしないでもらえますか」など、自分は犯人とのつながりがないことを示唆しているが、それに対して犯人達が反論した様子がみられない。もし真帆ちゃんとつながっているのでれば一言「つながってるお前が言うなよ」と言いたくなりそうなものなのに、犯人はそのような事は口にせず、ただ釈明しているだけのように見える

    3 訴状によると犯人達3人、スタッフ3人、山口真帆、村雲楓香の8人でバスの車内に移動し、その中で犯人は「自分たちはよく他のNGTメンバーと遊んだり食事をしたりしているが、その延長線で山口真帆ちゃんと話してみたいとなった」と言ったそうである。しかしそれは裏返せば「今まで真帆ちゃんとマトモに話したことがない」ということではないのか。元々つながっていたという主張とは矛盾するようにみえる。

    4 真帆ちゃんと不仲になったので話をしに来たと言うにも関わらず真帆ちゃんの住むマンションの向かいの部屋を借りている。これは話をしに来たというよりは、興味本位で真帆ちゃんに近づいたと考えるのが自然ではないのか。

    以上の点から犯人と真帆ちゃんとの間には、そもそもつながりがなかったと考える。特に会話の録音がなされていたとかバスの車内にスタッフが同乗していたという事実は、犯人達にとっては自身にとって有利な主張(例えば真帆ちゃんと以前つながっていたなど)をする絶好の機会だったはずである。にも関わらず真帆ちゃんとのつながりについて言わなかったのは、そもそも彼女とのつながりがなくて言えることがなかったからだと考える。

    NGT48 記憶から訴状を復元「AKS黒バラ(腹)軍団」NO.5ラスト

    https://www.youtube.com/watch?v=HFtO-n77ZpI

    ということで何度か書いたけど山口真帆は無罪。終わり

    やっぱり吉成夏子の様子を見るに、かなり焦っているんだな。NGT騒動を発端に客足が減り続けているし、KeyHolder株が64円を下回ると7億円の支払い義務が発生してしまうこともあって、もう山口真帆が全て悪かったというストーリーにすがらないとAKSどころか吉成夏子自身が終わってしまう状態になっている。最早繋がっているメンバーも処分出来なくなっているんだろうな。真帆ちゃんの主張の正しさを裏付ける結果となるし、何よりつながってる数が多すぎるんだろう。

    更にはこの宅建太郎さんが訴状内容を詳細に書き起こしてくださっているけど、既にAKSは第三者委員会の報酬まで値切ろうとしているそうだよ。資金繰りにも窮しているのは明らかだな。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。