山口真帆の潔白は証明されているのに
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山口真帆の潔白は証明されているのに

2019-11-01 02:48
    前回の続き。

    不起訴事件記録の開示について

    http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji_keiji23.html

    山口真帆ちゃんはインスタグラムの中で、「犯人は暴行があったことと真帆ちゃんとのつながりがなかったことを認めた」と発言しています。

    この点現状では真偽確認する手段はありませんが、それでも将来
    訴訟になれば警察への証人尋問や不起訴事件記録の開示といいう形で、供述調書を取り寄せ事実を確認することが出来ますので、わざわざここで真帆ちゃんがウソをつくというリスクを冒す可能性は低いと思われます。よって事実と考えられます。

    山口真帆ブチギレ出廷も 「証拠写真」報道で急展開「名誉棄損過ぎる」証拠音声で自ら潔白証明?

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1604913/

    そしてこの事実から、山口真帆ちゃんの潔白というのも、既に証明されているといえます。
    つまりこの事件は共犯者がいる事件です。なので犯人達がウソをつくためには、互いに口裏合わせをする必要があります。互いの証言に矛盾があるとウソがバレてしまいますからね。

    しかし思い返していただきたいんですが、録音テープにも犯人達の訴訟での準備書面でも、事件が
    あった時、犯人達はこれがまさか警察沙汰になるとは、大きな問題になるとは思っていなかったと言っていますよね。ということは彼らが逮捕されるまでの段階においては、つじつま合わせのための口裏合わせはしていなかった可能性が高い。
    
    そして逮捕されてからの話ですが、取り調べや勾留においては共犯者たちは別々に取り調べを受けて取り調べ終了後も別々に収監されるんです。なので逮捕されてから不起訴処分を受け釈放されるまでの間においても、口裏合わせは出来なかった。

    なので犯人達には逮捕前から釈放に至るまでの間、一切ウソをつける機会はなかったということになります。つまり「山口真帆ちゃんと犯人達との間には、つながりはなかった」という取調べ段階での犯人の供述は真実であり、これにより真帆ちゃんの潔白も証明されたことになると思います。

    《音声公開》「犯人が繋がっていたのは山口真帆」AKS吉成夏子社長が暴露したNGT暴行事件の内幕

    https://bunshun.jp/articles/-/13583

    元NGT48山口真帆「援助問題」疑惑の真相!

    https://taishu.jp/articles/-/68198?page=1

    恐らく真帆ちゃんや研音サイドも、そのような主張をしていると思います。犯人は取り調べでつながりがないことを認めていますよと、そしてこの証言は信用度が極めて高いので裁判で事実が覆る可能性は低いですよとAKS側に伝えているはずです。

    にも関わらずAKSや周囲の人間たちが、山口真帆が犯人達とつながっているという事実を未だ喧伝しているのは何故でしょうか。自分は山口真帆を貶めることにつき、AKSと犯人達の間で裏取引があるとしか思えないんですがね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。