蜜月関係の終わり?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

蜜月関係の終わり?

2019-11-02 09:48
    前回の続き。

    《NGT裁判速報》被告男性が山口真帆と”私的つながり”主張「マンション廊下などで会い衣服やアクセサリー等を贈った」

    https://bunshun.jp/articles/-/14282


    そっか、暴行罪は被害者参加制度の対象事件じゃないんだね。だから真帆ちゃんが訴訟する段階にならないと、供述調書は手に入れられないんだね。ということで前回の記事は修正しておいた。まあでも結論が変わることはないだろう。ということで前回の話の続きを始めようか。

    さて、前回書いたように「犯人達と山口真帆ちゃんとがつながっている」という話は、犯人達のウソであることがわかりました。つまり取調べ段階で犯人達はつながりはなかったと言っているんですから、今更反対のところを言ったところで信用性はない。

    にも関わらずなぜ犯人達はそのようなウソをつき続けているのでしょうか。事実ではないことを公の場で言ってしまえば名誉棄損ですので、民事のみならず刑事事件でも処罰されるわけですよね。なのに彼らはそのリスクを背負ってまでウソをついている。

    NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、犯人との生々しいやり取りを再現

    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05171846/?all=1

    思うに彼らがウソをつけるのは、AKS側がウソを隠す手段と、メリットを提供しているからだと思いますけどね。例えば新調の録音テープの書き起こし文にあるように、「犯人とメンバーとが日常的に交流していた」という部分と「真帆ちゃんと犯人とはつながっていない」という会話部分とを意図的に切り取って、真帆ちゃんと犯人とがつながっているという犯人達の主張に沿う証拠づくりを行っている。あるいは犯人達がウソをつくことに対して、金銭その他の対価を与えている。だから犯人達は安心してウソがつける。
    
    元「NGT48」山口真帆裁判で、超人気メンバーの過激写真流出危機!?

    https://taishu.jp/articles/-/66975?page=1

    そしてAKSが犯人にウソをつかせないといけない理由は、真帆ちゃんが貶めたいという気持ちもさることながら、メンバーと犯人との過去の交際事実を隠すためですよね。恐らく事件後にAKSは犯人サイドに接触しているはずだ。そして真実を明らかにするよう求めたところ、犯人達が西潟茉莉奈、太野彩香と過去に交際していることがわかり、更には彼女達の下着姿の写真や裸(または裸に近い)の写真まで持っていることがわかった。

    そこでその事実を隠すために真帆ちゃんが全て悪いということにしようと、犯人達と取引した上で訴訟することにしたのでしょう? 第三者委員会の調査に犯人達が応じなかったのも、AKSが指示した(あるいは頼んだ)からなのでしょう?

    【暴行直後の公園音声】元NGT山口真帆がメンバー名指しで犯人詰問「正直に言わないと……」

    https://bunshun.jp/articles/-/13965

    とまあこんな形で犯人達とAKSとの親密ぶりが明らかになっていくわけですけど、でもその両者の関係に今後ヒビが入る可能性はありますよね。

    というのも文春の録音テープが公開されたせいで、AKSの工作がバレちゃったんですよね。つまり真帆ちゃんと犯人がつながっていないことと、犯人とメンバー達とのつながりがあることとがわかってしまった。

    なのでAKSは今更編集した録音テープを出すわけにもいかず、困っている
    はずですね。事実AKSは係争中の訴訟の中で、未だに録音テープやその書き起こし文を裁判所に提出していないんですよ。もしかすると今後何かしらの展開があるのかもしれませんねえ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。