IZ*ONEをどうしようか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IZ*ONEをどうしようか

2019-11-14 07:51
    前回の続き。
    
    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラセ問題でK-POP離れ進むか

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2019/11/k-pop_3.php

    原因と結果を取り違えた記事が多々見られる。
    例えば「AKBが終わったのは
    NGT事件があったから」だとかね。この記事みたいに「ヤラセ問題があったからK-POP離れが進むんだ」とかね。

    でもそういう分析というのは間違いで、大抵が逆なんだな。つまりAKBが終わったからNGT事件が起こったんであって、K-POP離れがあったからヤラセが起こった。事件は今まで溜まっていたゆがみやひずみが、一気に噴出したものに過ぎないんだ。

    実際そのK-POP離れの兆候は韓国内においても既にあったようだね。記事によればバラードが配信ランキングのトップ10を占めているようだし、PRODUCE101で生まれたグループも、第一回第二回がメンバー11人だったのに対し、第三回(IZ*ONE)は12人、第四回は20人になっている。いつも言うようにメンバーが増えるのは利益が低下している証拠なので、それだけK-POP離れが進んでいたことが窺える。

    韓国警察、Mnet「PRODUCE X 101」得票操作疑惑で関係者10人を立件へ

    https://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/1112/10245211.html

    そして今回の投票操作事件は、そんなK-POP離れの中で番組の存続と収益化を目指した過程で起こったものと考えられるね。前回も書いたけれども、今後アイドル業界は大きな変化を迫られるだろう。K-POPやジャニーズ、AKBに代表されるようなダンス&ボーカルは隅に追いやられて、実力のあるソロアーティスト、アイドルを探す動きが活発になると思われる。

    ちなみに活発になるとはいっても、それが実際に出来るかどうかは別の話ね。いくらソロアイドルを探すとはいっても探すためには事務所側に見る眼がなければいけないし、そのアイドルを上手く扱うスキルや、育てる能力だって必要になってくる。だからそれが出来るのは一握り。出来ない人たちは市場から退出することになるんだろう。AKSや秋元康も含めてね。

    ということで前回の話の続きは終わりにして、PRODUCE101の事件の話をしようか。実はこの事件で10月初めには韓国芸能事務所にも警察の家宅捜査が入っていたそうだけど、実際に立件されたのは記事を見る限りは主に番組制作側で、メンバーを拠出した芸能事務所側は含まれていないようにみえる。

    AKSも含めて事件には直接は関与していないということかな。一応メンバー決定後には芸能事務所と番組サイドで収益を山分けする契約になっていたはずだけれども、それは詐取で得られたではないという判断か。

    IZ*ONEファン連合「12人の活動を支持する」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00080086-chosun-asent

    とはいえ彼らの罪が消えるわけでもない。
    ほんとIZ*ONEはどうしようかね。各種報道がある通り、このグループは設立の経緯からして不当で違法なものなんだ。なのでこのままで活動を続けさせると運営会社の倫理上信用上の問題が発生して、第二のNGT事件になる。かといって正しい投票結果に基づきメンバーを選び直すわけにもいかないと。そんなのやってもプロデュースする側が拒否するだろうからね。
    
    なので現実的には解散しかないように見えるんだけどな。もし他に手があるとすればIZ*ONEの一切の権利をM-net側から譲渡してもらって、メンバー達も元の事務所から移籍してきてもらうとかかな。前述したようにメンバーを拠出した事務所にも責任の一端があるんでね。彼らに一銭たりとも利益を与えるわけにはいかない。

    でも手を挙げてくれるところがあるだろうか。K-POPはもう既に落ち目だろうし、今後のメンバーやグループへのバッシングを考えるとリスクが高すぎるかな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。