収入と倫理、能力は比例する
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

収入と倫理、能力は比例する

2019-11-21 16:33
    前回の続き。
    
    沢尻容疑者の大河出演は「あり得ない」NHK関係者が断言

    https://hochi.news/articles/20191118-OHT1T50247.html

    そりゃ表向きはそう言うさ。「逮捕された人間を出演させることは出来ません」ってね。
    でもそれをいつまで貫くことが出来るかな。代役を立てて撮り直せばカネがかかるし、その撮り直しもスケジュール的に見通しが立たないという。

    そうであれば
    撮り直しなんて考えるのは止めて、そのまま映像使おうかという気持ちになっても不思議はないだろう。多分自分はNHK内部には、既にそういう意見や考えが蔓延してると思うね。そしてそんな組織の弛みが今回の事件を引き起こしたんだ。

    『PRODUCE 101』日本版に「不正はございません」 韓国での疑惑受け運営が声明

    https://www.oricon.co.jp/news/2148810/full/

    一般的に、こういう不正はしませんとか反社との関係を絶ちますみたいな声明は、通常後日に本人達によって覆されることになる。事実談合やめますと言って建設会社の談合がなくなりはしなかっただろうし、放送局としての倫理を徹底しますと言って、テレビ局がしっかりしたこともないだろう。

    それは不正はしませんといくら言ったところで、不正をしないで食っていく方法、能力が当人達にないからである。いくらヤクザから足を洗うと言ったところで、それ以外に食っていくアテがなければ刑務所を出ても極道の世界に戻っていくように、やっていけないと思っていてもそれに代わるビジネスモデルやビジョン、それらを扱う能力がなければ同じ事を何度も繰り返すように人間は出来ている。

    だからNHKの番組に出演させないという発言もきっと後に撤回されると思うし、このPRODUCE101が不正はしませんというのも嘘だと思うよ。韓国の事件でわかったように、このプデュのシステムは、票を裏で不正操作することでようやく成り立っていたシステムである。にも関わらずそのシステムなしに運営しようとすれば、番組は大赤字になる。

    その時に吉本は大赤字は仕方ないといって割り切ることが出来るのかい?

    ハロプロのジャンプ禁止令が新ファン獲得に繋がりそうな理由

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1789378/

    言い換えるならば、人間の倫理と能力、収入は比例するということだ。
    つまり収入の高い人は能力が高いと同時に人間性も素晴らしく高潔である。反対に収入の低い人間は無能でクズである。

    そして倫理と能力、収入のいずれかがかけ離れている場合には、それらが平均的になるように調整がなされる。例えば倫理的に優れているが能力や収入が低いという場合には、倫理がクズの方に向かって下がっていくか、能力や収入が倫理に向けて上がっていくことになる。

    まあ説明しているように普通は倫理が妥協する形でクズの方へと下がっていくんだけどね。
    能力や収入が上がっていくのは極稀なケースだ。大抵の人はメンタルが持たずにギブアップしてしまう。

    そしてこのハロプロのジャンプ禁止令も、そんな理由から徹底することは無理だと見るよ。NGTでもそうだけど、ファンのマナーが悪いのはコンテンツに力がないからなんだ。だからこんな禁止令を出したところで新規のファンがつくはずもなく、逆に深刻なファン離れを招いてしまう。

    そうなればきっとジャンプ禁止令も撤回されることになると思うよ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。