STU48「無謀な夢は覚めることがない」書き直しました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

STU48「無謀な夢は覚めることがない」書き直しました。

2020-01-18 15:46
    疲れた。

             憧憬

    いつか求めていた 果てなきフロンテア 人を絶えず拒む  見捨てられた土地
    黒い雲と闇が 塞ぐ目の前を 僅かな灯(ひ)で探す 秘境の潜む在処(ありか) 

    未知なる荒れ地を 踏みつけ出来た 幾つの靴跡 歴史の足音
    恐れもしない目を 見張らせたまま 独りで向かう先
      
    希望や夢が 叶う場所にある 遥かな地を目指し 歩いてゆく
    月を見上げ咲く 花のまとまりが  そよ風になびいている
    自分の胸に 問いかけしながら 真っ直ぐ迷わずに来た旅路は
    弱音を吐くなと 逃げ場を絶った 揺らぎもない決意の 証明


    道半ばで果てた 代えなき仲間達 花を手(た)向け送る 永遠(とわ)の旅立ち
    行(ゆ)き合いと別れを 何度も重ねた時  引っ掻き増やしてきた 一生の傷が消えてゆく

    遠くの世界で 語られてきた 数多(あまた)の亡き者 弔うバラード
    彷徨い留(とど)まってた 御霊(みたま)の眠る 安らぐ夢の場所    

    希望を絶たれ 倒れた誰かの 屍(かばね)を乗り越えて歩いてきた
    右腕につけた 蝶飾りだけが 生い立ちを見つめていた
    罵倒されたり 手を振り払われ いつも失笑されて過ごした日が
    きっと自分の糧となる 故人と同じ意識の 共鳴

    この手を伸ばして 浮かんでは消えた 期待を裏切る 蛻(もぬけ)の殻の跡
    挫けることなく 付き合ってきた 人生の旅路

    向こうの空で 見える朝焼けが 願いの場所 じっと照らしている
    深い森に住む 青い鳥達が 行(ゆ)き先を示している

    希望や夢が 崩壊する未来 実りや喜びに 溢れた未来
    何れの道を 独りで辿って 人は皆 産まれ生きた
    さあもう一度 また立ち上がって 光ある方に向け 歩き出せ             
    無駄な思考は 跳ね除けて 旅人は思いを抱(いだ)く 憧憬(しょうけい)

    【MV full】無謀な夢は覚めることがない / STU48 [公式]
    
    https://www.youtube.com/watch?v=QDgEQ7PVpSs

    そうか、書き直すと言ってから一週間近く経ってしまったのか。
    別にのんびりしていたつもりはなかったんだけど、時間の感覚がおかしくなっていたのか、気づけば随分ご無沙汰してしまったような気がする。皆様新年あけましておめでとうございます。

    まあ時間をかけた分、良いものは出来たとは思うけどね。ということで次回はこの歌詞と、原曲の歌詞との解説をしようかと思うよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。