ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

AKS分社化の意味
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AKS分社化の意味

2020-02-01 01:59
    酷い話だな。

    AKS、山口真帆との“共闘”を明かす 不起訴記録の開示求め初めて合意
    
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/29/0013071908.shtml

    不起訴記録の開示を求める文書送付嘱託の申し立てをしたが断られたので今回は真帆ちゃんの同意を取り付けてきましたとサラっと書いているのだが、どうして最初からAKSは真帆ちゃんの同意を取り付けなかったんですかね。このAKSの弁護士も、被害者の同意がなければ検察が開示請求に応じないことはわかっていたはずだ。にも関わらず敢えて同意を取り付けないままに開示請求をしたのは、きっと別の意味、つまりAKS側に時間稼ぎの意図があるからではないか。


    AKB48、HKT48、NGT48運営を独立化 新会社を設立

    https://www.oricon.co.jp/news/2153614/full/

    何故時間稼ぎがしたいんだろうな。
    供述調書が開示されると吉成夏子以下経営陣に不都合な真実が明らかになるので、公開を遅らせたいと思っているのか。もしくは報道されているような、AKBの独立と関係があるのかもしれない。もしAKBやNGTが独立すれば訴訟の権利関係も承継されることになるわけだから、無事設立が終わるまでは下手に動かないことにしたということか。次回の裁判期日は3月2日だけど、NGTの独立は同じく3月だからね。訴訟の進行を新会社に委ねるという意味でわざと時間を稼いだ可能性はあると思う。

    AKS消滅と国内の全AKB48グループ独立のわけとは?

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/20/kiji/20200120s00041000303000c.html

    まあどちらにせよ不自然さは否めない感じがするけどね。
    そもそもの問題として、AKBを独立させる理由は何だろう。記事には元々ホールディングス化したかったとあるが、別に持ち株会社化したところで管理監督義務がなくなるわけではないし、別にリスクが分散化されるわけではない。

    となるとAKBやその他支店の切り売りの余地を残すためなのか。一部報道によるとAKSとAKB以下支店との資本関係はなくなる見込みだという。ということは既に売却先が決まっているということか。つまりAKSがAKB以下支店の新会社を現物出資で設立した上で、その株を誰かに売る。そしてそれにより得られた資金を元手にAKS消滅後の新会社は新たな事業を行う。記事の(3)にあるように、元々吉成夏子は海外事業に注力しており、IZ*ONEにも力を入れていたからね。国内事業から手を引きたいというのは理解できる。

    でもそんな簡単に引き受け先が見つかるものかな。SKEを買った株式会社KeyHolderの前例を見る限り、そう収益化の目途が立つはずはないんだけどな。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。