SKE48が赤字になる日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SKE48が赤字になる日

2020-02-05 03:21
    経営の話をしようぜ。

    【ビルボード】STU48『無謀な夢は覚めることがない』が33万枚を売り上げてSGセールス1位、Snow Man/SixTONESが続く

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/84623/2

    【MV full】無謀な夢は覚めることがない / STU48 [公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=QDgEQ7PVpSs


    STUのシングル「無謀な夢は覚めることがない」が発売後一週間で332691枚を売り上げたそうだ。一方このシングルはMVがフルで公開されていて、YouTubeの再生数を見ると2020年1月8日11時30分時点で244063回となっている。

    ここでYouTube再生数をCDの販売数で割ってみよう。すると「消費者が1人一枚CDを買ったと仮定した場合の、YouTubeにあるMVの、1人当たりの視聴回数」がはじき出されることがわかる。すなわちSTU48のシングル購入者は、CDを一人1枚だけ買うとして、発売前に

    244063÷332691≒0.733(回)

    聞いていたことになる。

    無謀な夢は覚めることがない

    https://www.stu48.com/feature/4th_single

    ではこの数字は何を意味するのだろう。一般的にCDを買うほどの熱狂的なファンならば、発売前に当然YouTubeにあるMVを聞いて、新曲の予習はしてくると思われる。なのでCDを一人一枚買うのであれば、普通MV再生数はCD販売数の複数倍になるはずだ。例えば消費者一人が10回聞けば再生数はCD販売数の10倍になる。

    でもSTUの場合は0.733回で、消費者はMVを一回も聞かないでCDを購入している計算になるんだな。つまりそれだけ消費者は音楽に興味を持っていないし、CDが音楽を聴く以外の目的(要は握手のためだ)で利用されていることが窺えるわけだ。

    2020.2.15 (Sat) SKE48 VALENTINE'S DAY LIVE 2020 in 静岡エコパアリーナ

    http://2020arena.ske48.co.jp/

    まあ言い換えれば音楽に価値がないということだな。電通やらメディア、レコード会社はあれやこれやの手段を使って秋元グループの楽曲を推しているが、実際にはゴミ同然のものを消費者に薦めているのと同義である。全くもって公共の電波の無駄遣いだ。

    そして以上の結論から察するに、SKEもかなりの赤字が出ているのではないかと推測するよ。つまり今期はSKEはコンサートをかなり組んでおり、どうもボイトレやダンスレッスン等時間とカネもかけているようなのだが、でも前述のように曲自体に価値がないので、そんなことをやってもカネにはならず、費用が嵩むだけになる。事実このコンサートのチケットの売れ行きもかなり悪いと聞くからね。Keyholderの経営計画も未達と予想するよ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。