秋元康の被害者たち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

秋元康の被害者たち

2020-02-10 05:54
    前回の続き。

    SKE48 / SHOWROOM 緊急特番 松井珠理奈卒業発表SP(2020年2月7日)

    https://www.youtube.com/watch?v=iMgkz43ywj4

    握手券の価格=CDの価格ー音楽の価値である。
    つまりCDが1000円で音楽の価値が800円だとすると、握手券の価格は1000円-800円=200円になる。

    しかし音楽の価値が下がっていくと、逆に握手券の価格が高くなっていく。例えば上述の例で音楽の価値が600円に下がると、握手券の価格は1000円ー600円=400円になるし、音楽の価値が100円になれば握手券は1000円ー100円=900円となり、段々と握手券の価格が上がって行ってしまうね。

    その結果割高感を感じてお客さんが来なくなる。だから前回話したように音楽の価値を上げる努力をするべきだったんだけど、AKBや秋元康はそれを全くしないどころか、全く関係のないアイドル達が、自分たちの責任と勘違いして代わりに頑張ってしまった。その結果壊れてしまったのが平手友梨奈であり、松井珠理奈なんだろう。彼女も秋元康に騙されちゃったね。どうせ君が頑張れば名古屋ドームでコンサートが出来るとでも言ったんだろう。自分に責任があるのを差し置いて、年端も行かない少女たちを言葉巧みにかどわかしたんだと思いますわ。おかげで彼女は回復し難い傷を心に負ってしまったよ。

    アンチに負けて休養していた松井珠理奈さんがアンチに宣戦布告

    http://blog.livedoor.jp/akb48rhyh/archives/56162614.html

    もういっぱいいっぱいだったんだからね。
    こんな風に「勢いがでてくると足を引っ張りたい人は、やはり出てくるんですね。それに負けなかったから、今の自分がいるのでみんなも負けないでほしい。」とか書いてあるけれど、その割には握手会休んでるからね。要は既に負けてるんだよ。本当は心が折れてるんだけど、それでも弱さは見せまいと必死に強がって目の前の敵に抗おうとしているだけなんだ。

    卒業発表・松井珠理奈 壮大な野望「“第2の秋元康”に呼ばれるようになりたい」

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1729707/

    もう都合の悪いことから目を背けて、耳をふさいでる感じだな。
    私は歌詞も書けるんでとか言ってたみたいだけど、見た限り全然書けてないからね。プロデュースなんかできるはずもないと思うんだけど、でもそういう助言してくれる人の言葉も耳に入らないんだろう。何せ秋元康が至高の存在で全てだと思っているからな。彼のやり方を見様見真似でやっていれば名プロデューサーになれると本気で思っているんだろう。要は明らかに目標とすべき手本が悪いんだけど、それがわかっていない。

    だから自分に言わせると、珠理奈はかなり重症で治療が必要だと思うんだけど、そんな彼女を突き動かしているものは一体何だろう。そして彼女を気にかけ休ませようとしている人間が誰もいないように見えるのは何故なんだろう。自分には不思議に思えてしょうがない。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。