AKBの間違い探しゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AKBの間違い探しゲーム

2020-04-23 06:05
    前回の続き。

    【ダサい服選手権】一番ダサいコーディネートで家から集合場所に来るのは誰だ!?【もぎ持ち込み企画】

    https://www.youtube.com/watch?v=CyZ-WP67CvI

    現状言わせてもらうと、AKBのやる企画は間違い探しゲームとして眺めた方が楽しくなっているね。ゆうなぁもぎおん、中西智代梨、柏木由紀にAKB公式、色々見させてもらったけど、見ていると全部どこかに穴、やってはいけないミスがあって、どうしてもそれに目が行ってしまう。

    例えば上記URLのダサい服選手権がそうだね。説明の通りダサいコーディネートで家から集合場所に来るって企画なんだけど、動画見ると一番最初に彼女達がどんな服で来たかが映っちゃってるんだもんね。その服着て自己紹介してるんだから。

    でもこれじゃ最初にネタバラシするようなもんで、全然面白くないじゃん。
    要はこれは編集ミスなんだな。つまりこの企画を動画にするんだったら、最初に家を出て集合場所に向かう様子から始めないといけないわけでしょう。各人が来てる服にはモザイクかけておいてね。

    そして集合場所に集まったところでモザイクを解いて、どういう服で来たかを視聴者に見せないといけないわけなんだよ。つまりこの動画のおまけの部分を本編にしないといけないんだ。

    【新学期】ゆうなぁもぎおんが小学生のテストに挑戦してみた結果…【小学校あるある】

    https://www.youtube.com/watch?v=UdWRq3wL7Gk

    4人が小学生のテストに挑戦したという企画だけど、これも完全な編集ミス、間違い探しクイズだな。

    つまりどこが悪いかというと、テストの答えについて話しあっているのに、どういう問題が出されたのかについて説明されていない。問題自体は最後にちょろっと出ているけどね。でも話し合ってる時にそれを出さないものだから、勝手に4人が盛り上がってるだけに見えてしまう。

    第1回「集まれエイトちゃん!G8首脳かいぎっ」

    https://www.youtube.com/watch?v=gPDLbJ8fyaY

    動画編集もさることながら、バラエティの間の話になると特に酷さが浮き彫りになるな。
    やっぱり番組が欲しいものを理解して表現してないという気がするね。これは都道府県魅力度ランキング2019の上位4都道府県のメンバーと下位4都道府県のメンバー合わせて8人が出演して、各自の出身地の魅力を語るって企画なんだってさ。

    まあ恐らくこれはべりん、岡部麟持ち込みの企画なんだろうな。いつも茨城の魅力のなさをネタにしてるものだから、さぞかし番組が面白くなるのかとおもいきや、見てて全然面白くない。

    というのも上位4都道府県と下位4都道府県とが出て来るんだったら、下位の4都道府県の子達は、対抗意識を剥き出しにしないといけないわけね。「東京なんて高いビルしかねえのに、どこかいいんだよ! 羨ましいじゃねえかよ!」とか言ったりしてね。
    そして司会も別に置いて、

    司会「それでは紹介しましょう、上位4都道府県の皆さんです」

    小栗有以(東京都)「よろしくおねがいしまーす(ニコニコ)」

    司会「そして下位都道府県の、クズ4人でーす」

    岡部麟(茨城県)「お~い、ちょっと待ってくださいよ~(ひな壇から立ち上がる)」

    みたいな感じで番組を進行しないといけないんだけど、やっぱりバラエティの間がわかってないんだろうな。見どころもなくつまらないものになっている。

    第2回「集まれエイトちゃん!G8首脳かいぎっ」

    https://www.youtube.com/watch?v=86543rm1sDE

    だからこの番組やるんだったら人選からきちんとしないとダメだな。上で書いたようなノリを理解してくれる子を探してくるところから始めないといけなかった。その意味で第2回は第1回の反省が活きてるんだね。司会に喋れる大西桃香を置いて、バラエティの素養がありそうな歌田初夏や吉田華恋、立仙愛理を呼んできたということなんだろう。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。