足りない環境が人を育てる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

足りない環境が人を育てる

2020-05-04 04:52
    前回の続き。
    
    twitter

    https://twitter.com/akitweeting

    自分は今まで商売目的で書いてきたわけでもないので。
    無料でアイドルの子達に教えることはこれからも
    全然構わないんだけど、まあそれでも
    運営に利益を与えて肥え太らせる義理まではないと思うんでね。もしこれ以上教えてほしいのならば有償で、契約でという形にさせてもらいます。そして前回話したようにその場合には作詞もセットね。一応自分の希望はAKBとチーム8のみだけど、他のグループもということであれば応相談。

    ちなみに自分は携帯持ってないんだよね。なので契約してもらっても今出来ることは限られるんだけど、まあコロナが流行ってるんでね。ちゃんとした話は終息後でも全然構わない。

    ということでお返事お待ちしております。

    京都府教育委員会からの挑戦状

    http://www.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/cms/?action=common_download_main&upload_id=2114

    決してアイドルに限った話ではないんだけど、とにかく今は人の教育を急がないといけない。
    勿論理由としては学校が閉鎖していて勉強させられてないからというのもあるんだけど、逆に自分に言わせると、そういう極限状態だからこそ教育させることに大きな意味と効果がある。

    思うに色々物やら情報が満ち足りている現代社会では、人の考える力が奪われているように感じるね。例えば今はネットを見ればすぐに答えが分かる時代であり、冷蔵庫を開ければすぐに食べるものが見つかる時代でもある。確かにそれは非常に便利でもあるけれども、反面自分の頭で考えることを皆しなくなった。

    でも頼ろうとしても頼れない状況に置かれると、途端に人は頭を使い始めるようになるだろう。例えば誰も教えてくれないなら自分で考えようじゃないかとなるし、冷蔵庫で食べるものがないなら何か作ろうかとなる。きっとそうやって人間は成長していくんだね。上記の京都府教育委員会のページ、特にこの課題解決の地図という部分を見たけれども、その人に頼らせない、自分の頭で考えさせるということについて、かなり重視していることが窺える。

    AKB48 Team 8「ジタバタ」(ドタバタ選抜 ver.)

    https://www.youtube.com/watch?v=xoNVMnCRF-A


    そして今彼女達も、それを実践中だ。
    先ほども述べたけど、新型コロナウイルスの出現は、図らずも人を育てる絶好の機会になった。動画を見たけれど、きっと昔だったらこんなことも考えもしなかっただろう。きっとセットもスタッフが全て用意してくれて、言われたままに踊って歌うだけだったに違いない。

    でも外に出られない、欲しい物が手に入らないという極限状態の中で、彼女達はその用意してもらえない障害を頭を使って解決しようとした。洗濯物干しのハンガーをクルクルと回したり、犬とキスしたり……、本家のPVと比べると確かに笑ってしまうものだけど、そこには彼女達なりの思考とアイデアが含まれているんだよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。