秋元康逮捕で音楽界最大の衝撃が来る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

秋元康逮捕で音楽界最大の衝撃が来る

2020-05-21 06:33
    前回の続き。
    
    振りコピSounds good!OUC48 サビ振付講座「希望的リフレイン」 川本紗矢

    https://www.youtube.com/watch?v=mwEppx4EMuc

    振りコピSounds good!OUC48 サビ振付講座「フライングゲット」 福岡聖菜

    https://www.youtube.com/watch?v=TB9_lb-a0zY

    振りコピSounds good!OUC48 サビ振付講座「言い訳Maybe」 武藤十夢

    https://www.youtube.com/watch?v=zCqVqM8lQvQ

    振りコピSounds good!OUC48 サビ振付講座「大声ダイヤモンド」 山内瑞葵


    https://www.youtube.com/watch?v=I9qb_TUf22Y

    振りコピSounds good!OUC48 サビ振付講座「恋するフォーチュンクッキー」 峯岸みなみ

    https://www.youtube.com/watch?v=sAvya1YwguA

    振りコピSounds good!OUC48 サビ振付講座「ヘビーローテーション」向井地美音

    https://www.youtube.com/watch?v=veqyYXq_9W0

    やっぱりファンに需要のある曲というのは、この大声ダイヤモンドからの楽曲に集中しているんだな。だからこんな風に動画が上がる。

    でも説明しているように、これ全部秋元康の作品ではないんですわ。だから秋元康が逮捕されると全て公開停止になるんでしょうね。というかそれだけに留まらない可能性もあるけどね。どれがゴーストライターでどれがそうではないかの選別が出来るまでは、とりあえず全部公開停止みたいなことになってもおかしくはないと思うんだけど。

    第121条

    著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む。)を頒布した者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

    知っていたつもりだったとはいえ、とにかく著作権法というのは、効果が超強力なんだな。
    つまりもし秋元康がゴーストライターを使っていたと判明すると、まず作詞者の秋元康本人が逮捕される。そして知りながら制作に関わった人間も逮捕される。

    でも前回説明したように、この条文は「制作したこと」ではなくて、「頒布」したことを処罰するものなんだな。どういうことかというと、多分楽曲が制作された当時は知らなくても、テレビのニュース等でゴーストライターが使われた楽曲であるということを知ってしまうと、その時点から犯罪が成立してしまうんだよね。ニュース後商品を販売したレコード店店員も逮捕で商品を卸した問屋の社員も逮捕だし、歌詞サイトで楽曲を掲示し続けた管理者も逮捕なら、ゲオとかTSUTAYAに楽曲の入ったCDを持ち込んだファンも逮捕されてしまう。
    
    KING RECORDS | キングレコード オフィシャルサイト
    
    https://www.kingrecords.co.jp/cs/default.aspx

    ユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト

    https://www.onlinestore.usj.co.jp/

    エイベックス株式会社

    https://avex.com/jp/ja/

    ソニーミュージック公式サイト

    https://www.sonymusic.co.jp/

    更にはレコード会社には商品の自主回収が待っている。売り物にならなくなっちゃったんだからね。販売店からすれば返品してくれ返金してくれとなるに違いなく、各社は対応に迫られる。

    勿論ファンからもCDを回収してくれという声が出てくるでしょう。みんな倉庫やら押し入れやらにAKBやら坂道やらのCDが山積みになっていて、処分に困っているんだ。ここぞとばかりに大量の商品を押し付けて来るに違いない。

    そうなるとその廃棄処分するのも大変になるね。だから今回の件は音楽界にとって過去最大級の打撃になるに違いないんだ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。