AKBのゲロゲロトレーニング STEP2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AKBのゲロゲロトレーニング STEP2

2020-06-23 04:46
    前回の続き。
    
    子どもの「やる気」を引き出すカリスマ教師。ビジネスにも応用できる考え方とは

    https://ch.nicovideo.jp/lifehacker/blomaga/ar1913562?ref=video_watch_html5_marquee

    ゲロブス共頑張っとるか。
    どうやら自分が教えていることはこのアクティブラーニングというものと似ているようだ。
    つまり仕事の内容を上司がここをこうしてああしてと細かく部下に指示すると、仕事の裁量権がなくなってしまう。すると人間から思考が奪われてしまって労働が機械的なものになってしまう。だから生産される付加価値も少なくなってしまう。まあこれはマイクロマネジメントとか言われるやつだね。

    しかしこんな風にやってくださいよとおおざっぱに命令すると、部下は言われてない部分について自分で考えるようになる。すると頭を使うようになるのでその分生産される付加価値も高くなる。自分はこのような考えからゲロブス共にトレーニング内容を指示してみたんだけど、教育の世界も考え方は同じようだ。まあ生産性が上がるのと教育効果が上がるのは一緒だから、当然と言えば当然なんだけど。

    【予約商品】AKB48 チーム8 2020年6月度 net shop限定個別生写真5枚セットvol.1 横山結衣

    https://shopping.akb48-group.com/selection/detail/1/87966

    とにかく言えることは、このアクティブラーニング(ワーキング)というものは、アイドルビジネスには効果絶大だということだろう。

    というのもアイドルビジネスって上下関係、主従関係が厳格に決まってるからね。運営の命令にはアイドルは従うこと、そしてお客様であるファンには奉仕することというのがビジネスの肝なので、どうしても生産性付加価値性が低くなりがちだった。

    でもそのアクティブラーニングをアイドル達が実践すればその関係が修正され、生産性が格段に上がっていくものだと思われる。もっともそうして成長したアイドルが、世間的にアイドルと呼べるものではなくなっているかもしれないけどね。まあでも大きく育っていくならそれでいいじゃないかという話でね。

    ということで今後もこのAKBのゲロブス育成トレーニングを続けようということなんだけど、でもまだ徹底されてない感じがあるな。このゲロ結衣なんかがそうだけど、「おうち時間」をテーマに写真を撮れと言われているにも関わらず、適当にポーズを取った写真を平気で売り出そうとする娘がいる。

    言っているようにこのトレーニングの肝は「考えること」なんでね。つまり「おうち時間」がテーマならば、どういうものを撮れば家で過ごしているような生活感溢れる写真が撮れることを考えて、必要ものを準備する努力をして来ないと実力が身につかないんだ。だから本当はそのような写真が撮れるようになるまで突き返して、再提出を命じないといけないよね。

    【予約商品】AKB48 2020年6月度 net shop限定個別生写真5枚セットvol.1 岡田梨奈

    https://shopping.akb48-group.com/selection/detail/1/87871

    ゲロ結衣は面倒臭がりで雑なんでね。きちんとやって来ないのは想像はついてたわ。
    そしてこのゲロ梨奈もテーマに沿った写真が今一つ撮れてないかな。先月分今月分と見たけれど、構図からかなりのセンスがあるようには見えるんだけどね。でも「おうち時間」を今一つ表現出来ていない気がするので、改善が必要だ。

    AKB48 / OUC48プロジェクト「小栗有以のわんわんランド」20200619

    https://www.youtube.com/watch?v=7Ub8OKuYkA8

    そしてみんなトレーニングを積んでゲロゲロになってきたら、各自次のステップに進んで行こうか。

    そろそろコロナも開けて自由に外出できるようになるだろう。ということで次は自分達で喫茶店とかレストランとか、観光スポットを探してきて、動画を作ったり生配信したりしてみるトレーニングだ。

    例えばこのゲロゆいゆいだったら、犬カフェとか猫カフェで撮影してもいいかもしれないね。そしてその際にはスタッフの人達に質問する内容を事前に考えて、どういうコメントや映像が出来上がった動画で使われるかを事前に頭で想像してくるようにね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。