不況という津波と高台への避難
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不況という津波と高台への避難

2020-07-22 07:08
    前回の続き。

    「Go To Eatキャンペーン事業」について

    https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

    既に飲食店はバブル状態なんだよな。
    このGo To Eatキャンペーン見ると、1万円でチケット買うと12500円の食事が出来ると書いてある。ということはプレミアムは25%で、国に先立ち行っている自治体や民間のクラウドファンディングも、似たような利率のプレミアムがついている。

    そして有効期限は3月の末で、開始は8月の末らしいんで、半年で25%のプレミアムが、1年換算で50%のプレミアムがついてる計算になる。まあプレミアムっていうけど実際には借金してるのと同じなんで、言い換えればどこの飲食店も年利50%で借りないといけない状況ということだ。

    飲食店コロナ破綻のカラクリ、1カ月の臨時休業が「致命傷」になる理由

    https://diamond.jp/articles/-/241074?page=2

    つまりそこまで飲食店経営が悪化しているということなんだな。
    恐らくプレミアム25%という数字は、資力や信用を元に役所が弾き出した数字に違いなく、飲食店の状況を正確に反映しているとも思われるので、ここから判断するにほぼ全ての飲食店は倒産寸前の状態であるといえる。

    そして何故そんな状況に追い込まれるかといえば、元々の飲食店全体の付加価値が低いんだろうな。つまりどの店も不味くてサービスが悪いから、薄利多売の商売しか出来ず利益率が薄くなる。記事には日本の飲食店は、数か月マトモに営業できないだけで店を閉めざるを得なくなると書いてあるけれども、それはその企業努力を怠ってきた結果でもあるんだろう。

    AKB48 / OUC48 official LIVE ch 紹介動画

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=Z490LBZHe3U

    これで日本経済は終了かな。
    あのGo To Eatから察するに他業種も似たような厳しい経営環境に違いなく、これから急速に金利上昇とインフレが進むと思われる。そして不動産や株などの資産市場に資金が流れ込んでバブルが弾けて終了となる。

    その中で生き残れるとしたら、高い付加価値を持っている一握りの企業のみだろう。例えば飲食店なら1日1組限定でコース料理3万円のみみたいな店ね。価値が高いので景気の冷え込みにも耐えられるし、コロナ禍でも三密を避け営業できる。

    そして人間についても価値の高い者のみが生き残ることができる。これから日本には不況という名の大きな津波がやって来る。その中で助かりたかったら自分のスキルを上げて、少しでも高台に避難できるようにしておくんだ。AKBが今やっているのもそういう練習だ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。