物価を調べるのは難しい
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

物価を調べるのは難しい

2020-08-10 02:54
    前回の続き。

    ゲスト

    https://www.nicovideo.jp/user/64339852/?ref=pc_userpage_menu

    なんか自分が書いた記事のコメント欄を見ていたら、このチンカス一般会員が意味不明な書き込みをしてきて笑えるんですが。なになに、「この20年の日本のどこがインフレ率高かったんだよ。馬鹿かオマエ。」 「え?どこをどう読んだらそんな結論になるのw?
    むしろデフレになったから内部留保が溜まったと言ってるだろ。」だってさ。

    こんなのを捨て垢で書きこんでくるぐらいだから、よっぽど俺に論破されるのが悔しかったんだろうな。


    サイゼリヤ、社長も驚く「1円値上げ」の成果

    https://toyokeizai.net/articles/-/366926

    そもそも物価を調べるというのは難しいんだけどな。
    前にも説明したことだが統計の超基本的な話として、正確に物の値動きを調べるためには、本年と物やサービスと前年の物とで全く同質のものを用意しなければならないだろう。単にスーパーで売られているりんごというだけではダメ。育つまでの天候も同じなら人の手の掛け具合も同じ、更には収穫してからの輸送家庭やスーパーでの売られ方も揃えなければ、正確な物価の値動きは判断できない。

    しかし今年と去年とで天候が全く一緒なわけはないし、人は良いリンゴを作るために日々試行錯誤を繰り返しているわけなので、生育過程が一緒であるはずもない。更にはスーパーで売られる際にも売り場での陳列方法や内装、照明の一つに至るまで日々改良や努力が行われている。このように毎年世に出ている物やサービスは、目に見えないところで質が変化していると考えられるので、外見上同じに見える物やサービスを比べて、毎年の物価の変動を語ることは許されないはずだ。
    
    具体例を見るとしようか。サイゼリヤが1円値上げをしたようだ。299円で売られていたミラノ風ドリアが、300円になった。この時会田卓司や塚崎公義レベルの人間は、「物価が1円上がったじゃないか!」とでも言うのだろう。

    食事中も飛まつ広がらないマスク「しゃべれるくん」…サイゼリヤが考案、店舗配布へ

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20200807-OYT1T50276/

    しかしサイゼリヤによると、1円値上げをしたことで会計の時間が3割減り客単価が上がったようである。しかも現在のコロナ禍において席を間引いたり、こんな食事用のマスクを開発し配布したりもしている。明らかに値上げ前と値上げ後で、全く別のサービスが展開されているのだが、果たしてこれをもって物価が1円上がったと言って良いのだろうか。

    「スタバのコーヒー」少し割高でも売れまくる訳

    https://toyokeizai.net/articles/-/362877

    物やサービスの価値、価格の構成要素がどこに含まれているかを判断するのは本当に難しい。

    この記事の筆者は、ドトールのコービーが200円で売れてスタバのコーヒーが300円で売れるのは、スタバに100円分の無形の価値があるからだと書いているが、そうとも限らない。
    例えばスタバは良いコーヒー豆の流通ルートを確保しているのかもしれんし、内装や外装、店員の態度に価値があるのかもしれない。記事に書かれているブランド服やバッグ、ドンキなどについても同様。このように物やサービスの価値というのは一見見えにくいところに潜んでいるのだから、物の価格の変化を調べるというのは、現実的に考えて無理である。

    6月実質賃金は前年比1.9%減、4カ月連続マイナス=毎月勤労統計

    https://jp.reuters.com/article/june-wage-idJPKCN2523JP

    そしてこのデタラメとも言える物価調査を基にして、誤った経済学が多数の学者や金融関係者、政治家によって語られてきたわけだ。前にも書いたがこの消費者物価の計測方法を前提とする限りは、経済成長率の数字は誤りの可能性が極めて高いし、同様にこの実質賃金も完全にデタラメだろう。実際にはインフレ率はもっと高いはずで、実質賃金も前年比-1.9%などで済んでいない気がするのだが。

    ということで今回の記事はこれで終わりなんだけど、ちょっと消費者物価指数の話が続いたせいか新鮮味に欠けてしまったね。では次回は視点をちょっと変えて、インフレがこのまま進んでいくと一体日本や世界はどうなるのかを考えようか。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。