アイドルビジネスの安全コスト~NGT事件後の運営会社の迷走~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイドルビジネスの安全コスト~NGT事件後の運営会社の迷走~

2020-10-16 06:09
    前回の続き。
    
    SKEがメンバーの安全対策「警備・通報サービス」導入
    
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1424364/

    予想していたことだけど、どの運営会社も安全コストの回収が出来なかったようだな。

    ご存知の通り元NGTのメンバーである山口真帆ちゃんが自宅マンションで襲われるという事件が起きて以降AKSから運営を引き継いだ各社は、二度とあのような事態を起こすまいという認識の下経営を行ってきたように思う。例えばSKEでは大手警備会社と連携して「最新鋭の警備・通報サービスの導入」(記事より)を導入し、NGTではファンとのつながりが危険だということで、従来の公演入場の際の顔認証システムなどの実施に加えて、アイドルがファンのツイートに返信、リツイートすることの禁止を打ち出すことで、メンバーを守ろうとした。

    NGT48・荻野由佳が運営批判!? 「ファンとの交流禁止」に不満爆発か

    https://entamega.com/45595

    でもいつも言うことだけど、安全にコストをかけるということは、それを補うだけの利益が出ないと赤字になるんでね。なのでその利益確保の手段を考えないといけないんだけど、どの運営もその問いへの答えを出さないままズルズルと来てしまった。例えばSKEは買収以降赤字を垂れ流し続けているし、NGTも荻野由佳をはじめとするメンバーから不満が出ると、当初のリツイート禁止の方針を撤回せざるを得なくなった。

    想うんだけど、AKBグループというのはアイドルが握手券売るために個々で営業販促活動をしてるわけなんだから、リツイート禁止されたら死活問題になるわけだし、NGT運営側としても多かれ少なかれアイドルとファンが繋がってくれなければ商売にならないわけなんでね。それら現実を無視してファンとの交流禁止を打ち出したのは、見通しが甘いと言わざるを得ないだろう。

    売上高過去最高の「出前館」、経費かさみ41億円の最終赤字

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201015-OYT1T50244/

    だからアイドルビジネスというのは、そこに大きな課題があるんだな。
    アイドルの安全を守りたいと思うのはやまやまなれど、そんなところにカネをかけていては途端に赤字になるし、かといってカネをかけなければNGT事件のような大事故が起こって経営上の打撃になる。

    正に出前館もそういう課題に直面しているんだろう。ウーバーの配達員が引き起こす数々の問題を反面教師にして、安全対策や福利厚生を中心にカネをかけていたんだろうけど、でもそのコストを回収できるほど、将来有望なビジネスでもないんだろうな。だからこんな風に赤字が出るんだ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。