芸を見せることが仕事につながる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

芸を見せることが仕事につながる

2020-11-01 04:01
    前回の続き。ちょっと間が空いた。

    AKB小田えりな、清水麻璃亜、所属事務所をセントラルに移籍

    https://www.sanspo.com/geino/news/20201030/akb20103022130001-n1.html

    AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!「砂浜の少年」

    https://www.youtube.com/watch?v=OqvphFRVKPs

    小田えりなと清水麻璃亜の事務所移籍が決まったね。
    やっぱりこの「砂浜の少年」が効いたか。前にも書いたけれども、何が出来るかが事前に把握できると、仕事を出すにもスカウトするにしても動きやすいんだな。芸の世界では、思ってたものと違うのが来るというリスクがあるからね。役をオファーしたけど実際やらせてみたら全然出来ませんでしたとか、歌ってもらおうと思ってレコーディングさせたけど思うように歌ってくれませんとか、芸人さん呼んだけど思ってたの違って全然面白くもないしアドリブも利きませんみたいな、予想外の事態が常に起こり得る世界なんで、事前にその能力を確認する機会があるというのは、仕事を出す側にとって大きなリスクの軽減要素になる。

    多分セントラルという事務所も、この動画見て彼女達の能力を確認したんだろうな。脚本自体は清水麻璃亜が小学校の時に初めて書いたものらしく、支離滅裂な内容なんだけどね。でも小田えりなが歌っている様子や演技の様子、あるいは清水麻璃亜が監督として指示を出す様子や上演後に泣くのを堪えながらインタビューする様子を見れば、能力がわかるし、物事に賭ける情熱や将来性もわかる。だから所属しませんかというオファーが来たんだ。

    でも今まで運営は芸を見せるということをしなかったし、させなかったんだな。感情を殺してひたすら笑顔で振舞わせ、握手させることしかしなかったわけだ。だから周りからは「AKBってのは使えない子達の集まりなんだなあ」ぐらいにしか思ってもらえなかったし、結果としてビジネスの機会も奪われていたということだ。

    【AKB48】ハロウィン生写真大撮影会!【オフショット大量】

    https://www.youtube.com/watch?v=gqaZzHxRY7M

    まあこれで「芸を見せる」ということが、どれだけ大事なことかわかっただろう。
    みんな化粧してちょっとSHOWROOMで喋っただけで頑張ったつもりになってるけどね。でもクライアントがチェックしているのは、具体的に何が出来るかだよ。歌が出来るのか、ダンスが出来るのか、それとも演技ができるのかお笑いが出来るのか、それをきちんと分かる形で見せなさいということね。ゆうなぁもぎおんが動画で生写真撮影の様子を見せているけれども、そういう風にやっていけばいい。

    思うにそれが出来るだけでも随分と違うと思うけどね。いつも言うことだけどこのAKBというグループは素材がとても図晴らしいし、能力も各々非常に高いものを持っている。普通なら「芸を磨きなさい」というところだけどね。でも皆見えないところでかなり努力をしているようで、その言葉が要らないぐらいのメンバーが多くいるように思えるよ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。