ジャニーズが紅白に出る理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ジャニーズが紅白に出る理由

2020-11-23 04:15
    前回の続き。

    紅白落選のショックが癒えた!? AKBの向井地美音が日本レコ大の優秀作品賞に安堵「本当に本当に嬉しい」:中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp)
    
    多分皆さんは自分のことをバカにされてるでしょうし、秋元康を無条件で信奉されてるんでしょうから、こういうニュースを見るとこう反論してくるんでしょう。「ほらAKBがレコード大賞の優秀作品賞に選ばれたぞ! お前が秋元先生の歌詞がくだらないと言ってるのは全てウソじゃないか! 早く死ね!」とね。

    でも握手会がなくなると売り上げが急減するようなグループの音楽が、果たして優れていると言えるでしょうか。コロナがあろうがなかろうが、音楽の質には変わりはない。なので本当に素晴らしいものであれば、本来音楽の売上には変更もないはずであります。にも関わらずこれだけ激減するのは、正に音楽の価値が最初からないことの表れではないでしょうか。

    それにそもそもの話として、本当に優れた音楽であるならば、握手券などつける必要はないでしょう。例えば米津玄師が握手会やってますか?

    NHK「ジャニーズ紅白」は“諸刃の剣” 白組の3分の1占める7組選出…ファン以外の視聴者は“紅白離れ”に? (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

    では何故AKBのカス曲「離れていても」が優秀作品賞になるかというと、それは日本の音楽全体がカスだからです。

    ご存知のように近年は国民歌とでもいうような代表曲が全くと言って良いほどでなくなりまして、今どこを見てもリバイバルブームでございます。皆数十年前の曲ばかりを聞いて、そして歌っている。

    一般的にこのような状況になりますと、賞や紅白の選考というものは、楽曲以外の部分が大きなウエイトを占めるようになってまいります。例えばCDが何枚売れたとか、ビジュアルが優れているかとかね。更には電通がゴリ押ししているかとか審査員に賄賂を渡したかといったものも選考の重要な要素になり得る。だって曲はどれもカスばっかりなんだからね。真面目に曲の優劣を議論する意味がないだろう。

    つまりジャニーズやNiziUが紅白に選出され、そしてAKBがレコード大賞優秀作品に選ばれたのは、そのような日本全体の音楽の価値の、著しい低下が原因だということであります。決して彼らのやる音楽が優れていたからではない。

    櫻坂46 『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』 - YouTube

    【MV】恋なんかNo thank you! / NMB48 - YouTube

    まあ前にも書いたように、もう歌番組はテレビから姿を消すだろうな。
    最早音楽に訴求力がない以上、わざわざ公共の電波を使ってやるような価値はないだろう。
    これからはネットに移行するかね。

    そしてこの状況下においては、アーティストが採り得る手段は2つだな。つまりコロナをぶっ飛ばすぐらいの優れた作品を世に出すか、それとも音楽自体をスパッとやめるか。最初に書いたようにコロナで売り上げが落ちるのは作品がカスだからなんで、握手会に頼らずとも売れるような作品を書いて作ればよい。そうすれば危難は乗り越えられる。

    ただしいつも言うように秋元康にはそんな力は到底ない。この櫻坂やNMBの新曲聞いたけど酷いな。見るからに歌詞と曲とが合っておらず、究極レベルの粗悪品なんだけど、今やこれを堂々とレコード会社が売りつけるような時代になったんだね。世も末。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。