2020年を振り返って
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年を振り返って

2020-12-31 20:37
    ちょっと早いけど今年を振り返ろうか。
    
    国内の新規感染者、初めて4000人超え…過去最多の4188人 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

    とにかく今年は、コロナに始まりコロナで終わってしまったな。
    当初はコロナは紫外線に弱いので梅雨あたりに収束するという話もあったが全くそんなことはなく、秋ごろに第二波が来たかと思えば最近には第三波がやって来て、更にはコロナが自身の身体を変異させて、強力になって人類に立ち向かってきた。

    恐らくこの後話すけれども、自然がバブルで膨らみすぎた需要を減らしに来ているのだろう。自然には行き過ぎた人間の経済活動を抑える作用が備わっている。なのでこのコロナウイルスの感染拡大は、人間がその過度な経済活動を止めるまで続くだろう。迷信と思うかもしれないが、恐らく経済はそういう風に出来ている。

    コロナ禍の株高…実体経済と乖離 行き場失ったマネー吸い込む - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

    そしてコロナによる閉塞感と暮れにかけての株高は、明らかなバブルの発生と、その崩壊とを予期させるものとなった。普通に考えてこんなに経済活動が停滞しているのに株高というのは、どう見ても実体経済には即していないだろうからね。しかも一般市民はコロナという経済活動もままならない状況下で資産を一掃溜め込んでいるわけで、更に余剰資金が金融市場に流れ込む危険性をはらんでいる。

    しかし政府も金融関係者達も、そのことがよくわかってないんだな。そもそも今までの世界の金融政策はリフレ、つまり意図的にインフレを起こせば経済が成長するという幻想が元にあるんだ。今更その流れを止めてしまったら自説の否定になるし、よく経済崩壊の際にありがちな「金融引き締めさえ起こさなければこんな金融危機は起こらなかったのに!」のような批判を巻き起こしかねない。加えて政治家や金融関係者たちのプライドも相まって、今更間違いを認め引き締めに走ることなどできないのだろう。

    まあその結果未曾有の危機が今後世界を襲うことになるとは思うんだけどね。果たしてそれが来年になるのか再来年になるのかはわからないんだけど。

    15年連続15回目!「bayfm MEETS AKB48 15th Stage〜離れていても~」【ダイジェスト版】 - YouTube

    そしてAKBの話になる。
    自分はこのような経済危機が起こるだろうことを踏まえて、ビジネスモデルの転換と彼女達の意識改革、トレーニングを提案してきたつもりだ。

    実際彼女達はよくやったと思う。いつも言うことだけれど今までは人気に陰りが見えるにつれて客にへりくだるようになり、まるで意思を持たない人形にすらなっているようなところがあった。

    2021年芸能事務所宇宙の旅:誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮) - ブロマガ (nicovideo.jp)

    でも春先から見て来たけれど、大分自分の意思を持って行動できるようになったとは思うんだよ。なのでこれからはもう少しその培った行動力を、具体的なプランに移していけるようにしたらいいね。恐らく来年になると音楽と握手会あるいはお話会という既存のビジネスモデルは立ち行かなくなるだろう。なのでそうなる前に組織として彼女達の活動をサポートするための体制作りをしないといけない。

    目標はコンサートやイベント、写真集や放送といった分野を、自主興行で賄えるようにすることだ。前回説明したように今やネットなどを駆使すれば個人で何でもできる時代になってしまったんでね。既存の芸能事務所が生き残るためには、個人で出来ない部分の制作やマネジメントを行わないといけないわけで、そのためにはそういう体制づくりが必要になってくる。

    今後それが出来るかどうか。いや、やらないといけないんだ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。