求められている表現を予想する練習をしよう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

求められている表現を予想する練習をしよう

2021-01-27 01:12
    前回の続き。

    【初音ミク(40㍍)】 からくりピエロ Karakuri Pierrot【オリジナル】 - YouTube

    求められている表現を予想するってことはとても難しい。
    「こういう風に演技してください」「こういう風に歌ってください」と事前に誰かが言ってくれればそれをなぞればいいけどね。でもその指示なしにご自由に歌ってくださいと言われると、皆どうしたら良いものかわからなくなる。

    ボカロなんて特にそうだからね。初音ミクや鏡音リンは抑揚や感情をこめて歌ってくれるわけではないし、それに作者がどんな意図でこれをボカロに歌わせたのかという背景も考えないときちんと歌えない。例えば女の子が、ミクが歌っているのが可愛いからこの曲を歌ってみようと思って歌詞を見たら、バリバリの男臭い内容で私には合わないわみたいなこともあるからね。

    初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「メルト」 - ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

    つまり「曲の作者が自分で歌うため発表した曲」なのか「「特定の人物が歌うことを想定し、あるいはボーカロイド自身をアーティストに見立て作った曲なのか」という話だ。

    そもそもボーカロイドというものは、ボーカルを探したいけど見つからないというDTMユーザーの需要に応えて生まれたものだ。

    つまり自分で音楽作ったら歌を入れて世間に発表したいんだけど、生憎歌ってくれる人が周りにいないし、かといって自分で歌っても上手くない。だから代わりに歌ってくれる人はいないか探していたところに、このボーカロイドという商品が生まれた。

    そしてそれにより音楽家たちは自身の作った音楽に歌を入れ発表することが出来るようになったわけだね。でも日が経つにつれ初音ミクや鏡音リンといったキャラクターは可愛いから、いっそ彼女達をアーティストに見立てて歌わせようという流れが強まった。「みくみくにしてあげる」や「メルト」などが代表例だ。

    【MV】 からくりピエロ/イナメトオル _ Karakuri Pierrot - Iname Toru(40mP) - YouTube

    なのでボカロを上手に歌うためには、その「誰のために書いた曲なのか」という点を自分でよく考えなければならない。曲を聞いてみてどういう声の人が歌いそうな曲かを頭に思い浮かべながら、更にはオケやサビの盛り上がり方や、歌うキーなんかも考えないといけない。例えばこの「からくりピエロ」だったら、原曲はいかにも男性アーティストが歌いそうな感じに聞こえるから、初音ミクは仮歌シンガー的な扱いなんだろうな、だったら女の私が歌ったら変かな、いや待てよ、でも歌詞を見ると繊細な感じがするから、私が歌っても変には聴こえないかなみたいなね。将来そんな風に考え判断できるようになったらいいよね。

    れなっち総選挙2017 (akb48.co.jp)

    演技も今の話と同じでね。
    多分偉い人はきちんと脚本を読めとか国語力つけろとか言ってると思うんだけど、でもどうせ大抵の役者は「俺バカなんでそんなこと言われてもわかんないんスよwww」とか言ってるだろうからね。本当に使える人は一握りだ。

    以前AKBグループでやった、劇団れなっちもそうだったからね。3年前にグループの中から演者を決めることになってオーディションやったけども、みんな誰一人として出来てなかったからね。だからもっと表現に耳や感覚を澄まして感じとる練習をしないといけない。

    この点その感覚を鍛えるためにAKBで朗読とか演技のコンテストするのはどうかな。作家に架空のある場面の脚本やナレーションの原稿を作ってもらってきて、それを声色を変えたり演技を交えながら読み上げる。その際にはさりげなくシチューエーションやキャラクターの特徴を示すような文言を入れてもらうといいかね。そして参加者に考えさせながら役作りをしてきてもらうんだ。

    これならOUCで出来るし、声優やお芝居のオーディションの予行演習にもなる。更には出来る子がいるとわかったら他から引き合いも来るからね。良いトレーニングも兼ねたイベントになると思ったんだけど。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。