ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

脚本の微妙なニュアンスを読み取ろう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

脚本の微妙なニュアンスを読み取ろう

2021-02-02 00:13
    前回の続き。

    女「ねえケンジお腹減ったね。お昼何食べよっか」

    男「そうだな、日本男児とならば蕎麦かうどんだが、連れがいるから少し奮発して寿司にでもするか。いや、だが今はバイトの給料日前で懐が淋しい。ならばここは駅前の牛丼屋で済ますべきか、いやいや昼から牛丼はちと重いだろう、となると学食か近くの定食屋だが今更引き返して向かうのも気が引ける、となるとここはやはり……」

    女「もう何独りで言ってるのよ。じゃ私が決めてあげるね。知ってる、最近モックで新商品が出たんだって。テレビのCM見たことあるでしょ。この前ハルカにも写真送ってもらったんだけど、とってもインスタ映えするって話題になってるハンバーガーでね、いつもお店に行列が出来てるんだって。だから今から駅前まで行こ」

    男「ハンバーガーか、しかしあのような場所では落ち着いて食事など取れないではないか、ならばここは小洒落た喫茶店でコーヒーを片手に優雅な一時を過ごすというものが年頃の男子と女子の……」

    女「ケンジ! アタシ先行って待ってるからね、バイバ~イ!」

    求められている表現を予想する練習をしよう:誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮) - ブロマガ (nicovideo.jp)

    求められている表現を予想するための練習問題を作ってみた。
    多分舞台や声優のオーディションはきっとこんな感じだろう。つまり劇中のシーンを抜き出して読ませてみて、脚本の意図を理解して演じられたら合格と。まあもっとも自分のは本当に適当で、試験問題として適切かも自信はないんだけどね。まあそれでも少しでもオーディションの経験を積む良い機会になればと思い、今回執筆することにした。まあどういうジャンルにしようかと思ったけれども読むのはアイドルの子達なんで、ラノベやアニメっぽい感じにしようと思って書いてみた。

    ということで早速やっていくんだけど、読んでいく際には登場人物や場面の理解もさることながら、脚本に書かれた言葉の、微妙なニュアンスを読み取らないといけないね。つまり話の中で男(ケンジ)と女の2人が、二人が今日昼何食べるかを話し合っていると。そして男(ケンジ)はすぐに自分の世界に入り込んでしまうタイプで、ちょっと変な感じだと。アニメだったら杉田智和が声を当てそうな感じだ。

    次に女に関してなんだけど、明るくて快活な感じがするでしょうと。最初の発言を見てわかるんだけど、彼女は「ねえケンジお腹減ったね。お昼何食べよっか」って聞いてるよね。ここで脚本家の心理として、もし落ち着いた女性を描きたいのなら、普通は「ケンジお腹空いたね。お昼何食べようか」って書くんだよ。でも自分は明るく元気な様子を描きたかったので、「食べようか」ではなくて「食べよっか」にしているわけだ。ちょっとした違いのように見えて、これは極めて重要なポイントだね。脚本読む際には、そういう部分に注意して読む必要がある。

    そして会話のテンポを考えてみようか。男も女も一人で長々と喋っているところを見るに、結構早口で喋っていることがわかる。なのでオーディションでもしゆっくり喋ってる参加者がいたとしたら、俺は絶対不合格にするだろうね。脚本家の意図がわかってないんだから仕方ない。そして更に言うと、審査の際には最後の「ケンジ! アタシ先行って待ってるからね、バイバ~イ!」という部分がきちんと読めているかも重視するよね。つまり男と女の距離感が掴めているかどうかだ。

    どういうことかと言うと、こういう発言を女がしているのは、既に走って先に行ってしまっているからなんだよ。それでケンジのことを遠くから呼んで、大きく手を振っている。
    決して女が男の側にいるわけではない。もし側にいるなら普通は「じゃアタシ先行ってるからね、バイバイ」って言うだろうからね。ケンジなんて言うわけないし、会話を見てわかるようにハンバーガー屋に行列が出来てるって言うんだからね。早く行かないという気持ちから、それこそその場で跳ねながら男の名を叫んでいたに違いないんだ。

    だから自分が審査員なら、そういう微妙な会話のニュアンスから場の状況を的確に把握出来ているかを見るだろうね。

    みゅんごり!!対談動画vol.3 - YouTube

    多分実際のオーディションも、そういう感じでやってるんだろう。
    作中に色々シチュエーションを誤解してしまうようなトラップを幾つか仕掛けておいてね、それらを適切に処理出来ているかを審査している。やっぱり参加者が多いんでね。その中から一人だけ合格者を選ぼうと思ったら、普通に読ませ演技させるだけでは差がつくわけがないんだよ。それこそ作者の心理に憑依するぐらいの能力が必要になってくる。

    そしてアイドルの子達に必要なのも、きっとそういう能力でしょう。今HKTが演技から脚本まだ自分達でやっている最中だけれども、演じる子達は脚本に書かれた言葉のニュアンスを読み取る努力を、そして脚本を書く子は演じる子達に、登場人物のシチュエーションや役回りを想起出来るように書く努力をしないといけない。特に脚本については説明してきたような会話の微妙な使い回しが難しいので大変だろうね。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。