ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

落ちた子の恨みを背負って生きろ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

落ちた子の恨みを背負って生きろ

2021-02-15 03:14
    前回の続き。

    水色アルタイル 予告編 - YouTube

    自分が予想していた以上に酷いものが来たな。
    前にも書いたけど、彼女達には意思がないわな。みんなアイドルやりたいです歌いたいです踊りたいですと言ってHKTに入ってきたはずなんだけどね。なのにそれが出来ることの喜びや、やる気、一生懸命さというものが演技から全く見えて来ない。しかもこの作品、キャスティングは全部立候補制だからね。自分で女優やりたいですといって手を挙げてるのに、そんなやる気ない演技してどうするんだろうね。

    不本意アンロック 予告編 - YouTube

    いいかい。オーディションに落ちた子達の、悔しさや恨みを背負って生きていかないといけないよ。
    自覚はないだろうけど、あなたたちはHKTに憧れてオーディションを受けた、何百何千という子達を蹴落としてここにいるんだ。

    だったらそんな落ちた子達のために、「この子達に落とされたんだったら仕方ない」と思ってもらえるように日々頑張らないといけないんじゃないんかね。少なくとも今のままでは落ちた子達が可哀想だわ。歌の上手い子や演技の上手い子、やる気のある子達は沢山いただろうにそういう子達が落ちて、こんな奴らが堂々とステージに上がってるんだから。オーディションやり直してくれって言いたくもなるわ。

    だからそういう意識面の改革がHKTには必要だろうね。見てる限りまだ遊びに来てる感じがあるように自分には思える。ちなみにこの2つのお芝居だけど、演技もさることながら企画にもかなりの問題があるんだな。

    つまり登場人物が女性ばかり、しかも水色アルタイルに至っては全員女子高生の役でしょう。だからキャラが極めて被りやすくなっているわけなんで、本来なら性格にメリハリをつけてそのキャラ被りを回避しないといけないんだけど、どうもその回避の努力をしていない。勿論脚本家にも問題はあるだろうけど、企画自体の問題だと自分は思うね。

    【 #劇はじ 】オンライン劇場ZAのチケット買い方講座~HKT48ファン3人の前にZA舞が降臨!! - YouTube

    ちなみに夢叶わなかった人のために頑張れというのは、ビートたけしさんがよく言っていた言葉らしいですね。やっぱりやる気のない人が誰にもなれない職業や地位に就くというのは、迷惑な話だと思いますわ。難関の医大や東大に入ってすぐ辞める奴がいたら、ソイツのせいで不合格になった子が可哀想だと思うもの。

    ということで、どうにもなりそうもないHKTのお芝居なんだけど、でもだからと言って今更歩みを止めるわけにはいかないよね。どうせ今頃HKTの運営は「お前が慣れないことをアイドルにやれなんて言うから失敗したんだろうが」とか言って文句を垂れてるんだろうけどね。

    でも握手をはじめとした接触商法が出来なくなった現在のコロナ禍において、これが出来ないと最早生きて行かれないんでね。上手く行かないから止めましょうはナシなんですわ。失敗したら徹底的に反省して成功するまでやらないといけない。これが終わったら次の芝居の準備だ。


    


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。