ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

秋元康よ、直ちに違法行為をやめよ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

秋元康よ、直ちに違法行為をやめよ

2021-06-19 04:56

    前回の続き。

    秋元康のゴーストライター使用の犯罪行為を再度説明する:誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮) - ブロマガ (nicovideo.jp)

    多分記事読んでる人は、「秋元康がゴーストライター使ってたとか、昔の話だから今更どうでもいいだろ、許してやれよ」とか言ってるだろうな。テレビ局も見て見ぬふりだろうし、レコード会社は事実を隠蔽しているだろうし、JASRACは秋元康先生は神だからということで調べようともしない。俺はいつも孤独だね。誰も助けてくれないよ。

    継続犯 - Wikipedia
    
    (罰則) 第121条 著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む。)を頒布した者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

    でも「昔の話はどうでもいいだろ」って言うけど、これ今も行われてる犯罪だからね。説明しているようにこの著作権法21条は「頒布」という一回性の行為を処罰するものみみえるが、どこかで当該著作物が販売されたり歌詞が閲覧されたりする度に、そのゴーストライター使用者の頒布行為があったと見做されるものとみられる。つまり要は刑法で言うところの継続犯のようなものだろうか。

    そして説明のように今も行われている犯罪である以上は、「許してやれよ」もあり得ないことになる。通常許してくれというのは、終わった犯罪に対して言う言葉だろう。例えば殴ってしまいましたごめんなさいとか、万引きしてしまいました許してくださいと言うのならわかる。

    しかし今尚も継続している犯罪行為を許すということはあり得ない。例えば人を監禁しておきながらいくら許してくれと叫んだところで、誰も許すはずがないだろう。もし許して欲しいなら先に被害者を解放しろという話だ。以上の理由からゴーストライターを使用している秋元康を許す道理はない。警察も検察も、弁理士も弁護士も、この犯罪行為を放置するはずがないと自分は信じている。

    乃木坂46『ごめんねFingers crossed』 - YouTube

    櫻坂46 『BAN』 - YouTube

    日向坂46 『君しか勝たん』 - YouTube

    更に言わせてもらうのならば、自分はこれら犯罪行為が軽微なものだとは全く思ってはいない。確かに秋元康はいつの時期からかゴーストライターの使用を止め自分で歌詞を書き出した。しかし一時期とはいえゴーストライターを用いたことで、秋元康は多大な名声と信用とを手に入れ、乃木坂、櫻坂、日向坂といった坂道グループの土台になった。余りに不当な利益を得ており、しかもまだ犯罪行為が継続しているとあっては最早看過することは出来ない。

    白石麻衣が乃木坂卒業後初の連ドラ出演で新聞記者役 秋元康氏が企画・原作 - ドラマ : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

    以上の点から秋元康の犯罪行為には尚も当罰性があり、その違法行為も早急に是正されるべきものであると自分は考えます。思うにこの問題を解決するために必要なことはゴーストライターが使われた著作物を公開停止にした上で作詞者名を訂正し、既に出回っているCD等を全て回収することだ。説明しているようにこの犯罪は単にゴーストライターの使用を止めるだけでは終了することはなく、秋元康による罪の告白とその後の訂正回収行為があって犯罪が終了し、はじめて時効や謝罪云々の話が出る余地が生まれるものであります。

    逆にそれらがなされなければ、いくら心の中で反省していようが意味のないことである。秋元康よ、直ちに違法行為をやめよ。事実を全て認め、全ての財産と名誉を投げうって罪を償うんだな。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。