ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

秋元康を庇う人たち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

秋元康を庇う人たち

2021-06-23 03:53
    前回の続き。

    【MV】シダレヤナギ / NMB48 - YouTube

    聴く限り夏の海の曲なんだよねえ。
    どう見てもシダレヤナギの曲には聞こえないんだけど、秋元康先生はどのような感覚で作詞をされておられるんでしょうか。加えて何故2015年を境に急に作詞が下手になってしまわれたのか、更には何故周りの人物たちがこの異変に気付かなかったのかという疑問もある。

    どう考えても気付けなかったはずはないんですけどね。AKBにはA&Rさんもいらっしゃるんですし、音楽番組のプロデューサーやディレクターともなれば、多少なりとも歌詞に関しての知識があるはずなのに、皆異変を指摘することなくここまでやってきた。

    一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC

    しかもJASRACさんは今まで何をやってらしたんでしょうか。絶対秋元康のゴーストライター使用は気付かなかったはずはないでしょうし、指摘する機会も何度もあったはずなのに、メディアやレコード会社同様、この問題を放置し続けて来た。これ刑法の背任罪に該当するんじゃないですかね。JASRACさんの規約上楽曲の買取契約は禁止されていたはずで、秋元康の行った行為は正にそれに該当するんですけど、理事の皆さんは意図的にそれを見逃し、処分を行わなかったわけでしょ? 明らかに任務に背いているわけでして、どう考えても背任罪が成立すると思うんですが。何故か何も動きが無い。

    第121条 著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む。)を頒布した者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

    第113条 次に掲げる行為は、当該著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する行為とみなす。

    二 著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する行為によつて作成された物(前号の輸入に係る物を含む。)を、情を知つて、頒布し、頒布の目的をもつて所持し、若しくは頒布する旨の申出をし、又は業として輸出し、若しくは業としての輸出の目的をもつて所持する行為

    だから自分はその辺りに不信感を感じますね。この国では秋元康は聖域化されている。複数の証拠から見て秋元康は明らかに犯罪を犯しているのは明らかだ。にも関わらず皆が彼を庇い、犯した罪をなかったことにしている。何故なら秋元康は神だから。悪いことなどするはずもないと思っているし、たとえ彼が罪を犯しても、ありとあらゆる組織が結束して事実を徹底的に隠蔽する。更には警察や政治家も協力して、刃向かう人間を消そうとする。

    そういう強大な権力や組織が日本に巣食っているいるということがわかってしまって、正直自分は吐き気がしますがね。多分ですが、このまま秋元康のゴーストライターの件は、闇に葬られて終わりでしょうね。実質的に見ても、この後処理って大変なんですわ。著作権法の規定見てわかるように、秋元康とレコード会社はゴーストライター使用の全作品の頒布を中止する必要があるし、メディアも著作権法113条の規定により、局にあるAKB絡みの映像を廃棄する必要が出て来る。

    これお蔵入りではダメなんですよね。単に保管しておくだけだと頒布するために所持してるんだろうってことになるんで、絶対に捨てないといけない。となるとその選別作業が膨大なものになるわけで、テレビ局はやりたがらないでしょう。ということで事件は闇に葬られるのでした。おしまい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。