格差と競争とポラティリティ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

格差と競争とポラティリティ

2014-01-17 22:52
    前回の続き。

    一般的に格差が広がると競争が激しくなり、そして競争が激しくなると、ポラティリティ(変動の幅)が激しくなると考えられますね。
    つまり競争が激しくなると勝者と敗者の入れ替わりが早くなるので、人間が安定した生活が送れなくなって、精神的にも不安定になる。

    でもそれじゃダメなんですよね。安定しないということは計画性をもって行動できなくなるということなので、結果として正常な消費者活動経済活動がなされなくなるんですね。例えば折角成功してもストレスを発散するために散財し尽くして、すぐに無一文になってしまったり、あるいは逆に一発屋芸人の如くどん底に落ちたときが怖いからと言って、一切お金を使わなくなったりもする。


    艦これ「課金しないで」は運営の鑑

    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20131227-00033978-r25

    だから経済においても人においても、同じペースで活動できることが大事なんだと思いますね。人であれば極端な浮き沈みがないから精神的に落ち着くし、企業にしても同様に好不況の波が大きくないからこそ、計画的で安定した企業活動が送れる。人間は1ヶ月満腹でもその後1ヶ月何も食べられなければ死んでしまいますからね。毎日3食規則正しい生活を送ることが、人においても企業においても、長生きの秘訣だと思います。

    そういう意味では艦これの運営の判断は、賢明だったと思いますね。確かに今は人気絶頂ですけど、でもそれでチャンスとばかりに拝金主義に走ってしまったら、山高ければ谷深しで長い地獄が待っていたでしょうからね。ソシャゲがコンプガチャで社会問題化したように、きっと艦これも、社会から敵視されていたに違いないです。

    革新都政だった時代

    http://getnews.jp/archives/492725

    とまあ格差と競争とポラティリティの話をしてきたわけですけど、でもかといって格差を狭めすぎてもダメなんでしょうね。。
    格差というものは広げ過ぎると消費の停滞を招いたり株や不動産などの投機熱が高まる原因になるわけですけど、逆に狭めすぎても同様のデメリットを生んでしまう。

    だからほどほどにしないといけないということなんですけど、それでも美濃部都政ってのは凄いですね。ギャンブル廃止に高速道路建設の凍結に高齢者医療の無償化に……。経済学者と名はついてますけど、実態は単なる思想家のオッサンだったんでしょうね。心情的にこれが許せんのでこうするといった調子で、経済を成長させようという意思が感じられないです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。