復讐の連鎖
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

復讐の連鎖

2014-01-29 04:20
    「今後は慎重に発言」=NHK職員に謝罪文―籾井会長

    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014012800882&g=eco

    結局こういう形になったわけですか。
    やっぱり前回書いたように、「正しいか正しくないか」と「言っていいかいけないか」は、別の問題ですからね。幾ら正しいことであれど、言って問題になる事項であるならば、組織の人間としては言葉を選ぶべきだったと思いますけど。

    そして処分についても、きっとこれでいいんでしょうね。
    勿論首を取りたい人もいるでしょうけど、これでクビにしてしまうとそれが処罰のスタンダードになってしまうし、叩いた人間が何か問題を起こしたときに、倍叩かれてしまいますので。復讐の連鎖を起こさないためにも、これぐらいでいいのだと思います。

    ただし会長が問題を起こしてこの処分で済んだわけですから。職員が何か問題を起こした際にも、同様に大目に見てあげてほしいです。


    細川氏佐川問題追及の張本人 あれは「デッチ上げ、無茶苦茶」

    http://www.news-postseven.com/archives/20140127_238429.html

    そういう意味では村上さんは倍叩かれてしまったんですかね。
    やっぱりみんな、やられたことは根に持ちますからね。相手の非を叩いたらその場は気持ちいいけど、将来的には何らかの形で自分に報いが返ってくる。

    あるいは人の事を叩く人間に限って、自分のことは言えた身分ではないということなんでしょうね。例えば偉そうに人に倫理道徳を説く割には、デヴィ夫人はビンタしてるし。小森純のことをあれだけ叩いてたくせに、西川史子は離婚しちゃったし。村上さんもやっぱり、細川さんの事を言えた身分ではないから、捕まっちゃったんでしょうね。


    各社がCM見合わせのドラマ『明日、ママがいない』 高須クリニック院長がスポンサーに名乗り

    http://getnews.jp/archives/503392

    もう皆さん正義だ正論だと言いながら、ストレス解消するのは止めにしません?
    皆さん鬱憤が溜まってるだけなんでしょ? 正義や正論だと表向きは言っているけれども、実際には不満のはけ口を探しているだけで、実際のところは単に野島伸司と日テレがウザイだけですよと。

    でも上述したように人を叩いてばかりの人は自分のことは言えないし、その報いもいつか自分に返ってくるものなのでね。不満のはけ口を求めたりしない方が、将来的には皆さんのためだと思うんですけどね。

    ちなみにこれのドラマの件はNHK会長の件と同様、「責任」と「圧力」の問題ということになりますね。この点テレビ局側としては、引いてはいけないでしょうかね。確かに脚本はクソかもしれないし、倫理的に問題があるのかもしれないけれども、でもここで放送中止にしてしまったら、「圧力かければどんな番組でも中止に追い込める」という悪しき前例、イメージが生まれてしまうし、表現活動も萎縮する。

    それに出演者の人達が可哀相だもんね。自分達に落ち度があるわけでもなく一生懸命やってるのに、経営陣の翻意によってその努力が反古にされてしまうんだから。
    そう考えると放送中止にすべきではないんでしょうね。確かにこんな問題になりそうな作品を承認した経営陣には問題があるかもしれないですけど、その責任の追及は番組が終わってからでも遅くはないと思います。あと高須院長は神ですね。


    賢く「バカにされる方法」はあるか

    http://president.jp/articles/-/11391

    でも人を叩くな非難するなとは言えど、叩かれてたらやり返したくなるのも当然の感情なのかな。
    自分もそうだもんね。多分自分も公認証書を渡されてたら、その場で破り捨ててたでしょうね。「お前ふざけんなボケが」と。

    だけどその後キレることなく接する角栄さんも凄いけど、そこで矛を収める渡部さんも凄いですよね。自分もそんな風になれますかね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。